<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロチェック教授 ヴァイオリン公開レッスン & 演奏会

神戸女学院大学音楽学部において、ウィーンはザルツブルグのモーツァルテウム音楽大学から、ヴァイオリンのロチェック教授(Paul Roczek)と弦楽器学生お二人をお招きして、公開レッスンやコンサートが開催されます。外部の方もお越しいただけるとのことです。

モーツァルテウム音楽大学 & 神戸女学院大学 友好週間
Mozarteum & Kobe College Friendship Week 2014
11月10日(月)〜11月14日(金)

ロチェック先生公開レッスン
11月10日(月)15:00~17:00
神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール
入場料:無料(要予約)

高校生のためのヴァイオリン公開レッスン(ロチェック先生)
11月11日(火) 18:30~
神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール  
入場料:無料(要予約)
        
宗教音楽の会 11月14日(金)10:35~
神戸女学院講堂  入場料:無料
        
Mozarteum & Kobe College 学生交流コンサート 
11月14日(金)13:10~
神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール
入場料:無料(要予約)

問い合わせ先
神戸女学院大学音楽学部 0798-51-8550

ロチェック先生、2年前にお越しになった時に通訳を担当させていただきました。レッスンもお人柄もとても素敵で、ぜひぜひまたお越しいただきたいと思いましたが、実現しました。またお目にかかるのがとても楽しみです。
[PR]

by akirako-hime | 2014-10-22 18:51 | 演奏会などのご案内

部分練習 その2

なんと、去年の8月に「部分練習 その1」を書いて、それっきりになっていました。あのとき続きで書くつもりだったことを、改めてまとめてみます。と言っても、とても単純なことなんですけどね。

部分練習をするときに、どう「部分分け」していますか? 今、「1拍単位」での部分練習を考えてみます。例に挙げたのは、前回と同じくケーラーの教則本、Op.33、第1巻の2番です。最初の2小節を取り上げてみたいと思います。

c0191959_134139.png

吹奏楽の指導に行ったときなどに、ときどき見かけるのが、こういう分け方での練習です。
c0191959_1351754.jpg
これだと、「1拍目最後のソ」と「2拍目最初のシ」の繋がり、そして「2拍目最後のシ」と「2小節目最初のソ」の繋がりが、練習できていません。部分練習をしているだけ、まだいいのでしょうが、どうせするなら効果的にしたいものです。

必ず「次のブロックの頭まで」することをお勧めします。私の感覚では「次のブロックの頭に着地するまで」というイメージです。
c0191959_136728.jpg
指の練習のときには、全面的にスラーにしてみるのも、けっこう効果的です。タンギングで指のわずかな乱れが隠れてしまうことも多いので、レガートでやってみようという訳です。

ただ、元々のアーティキュレーションのイメージは大事ですし、こういう分け方もいいかもしれません。ここでは「ゆっくり」というイメージで、8分音符に置き換えてみました(画像はクリックで大きくなります)。
c0191959_13212179.jpg

いずれにしても「次の頭まで」がキーポイントです。とってもゆっくり、きれいにレガートになっているかを自分でよく聴いて確認しながら練習するのが、最大のコツでしょう。また、1回できたからと言って次にすぐに進むのではなく、「正確な動きを何回も繰り返す」をしてみてください。そうすることで指が正しい動きに慣れてくれるのです。

「何回繰り返したらいいですか?」と聞かれることもありますが、そのあたりをまた次回に。
[PR]

by akirako-hime | 2014-10-13 13:48 | 練習のヒントになるかな〜

オランダ・フルートアカデミー ご支援のお願い

オランダ・フルートアカデミー(Neflac: Netherlands Flute Academy)
ご支援のお願い 〜 クラウドファンディング募金活動

オランダ・フルートアカデミーでは、発足5周年を記念して、来る11月9日、オランダのチボリフレデンブルグ音楽ホールにて、メガ・コンサートを催すことになりました。この計画の実現に向けて皆さまのお力添えをいただきたく、オランダの募金ウェブサイトにてクラウドファンディング活動をスタートいたしました。

このウェブサイトはオランダ語のみですが、私たちはオランダ以外の皆さまにもぜひぜひご支援いただきたいと考えておりますので、英語要約を作りました。(訳者注:それを日本語にしました)

2分ほどの短いメッセージ動画を載せています(オランダ語)。ビデオをご覧になるには、写真をクリックしてください。英語訳はこのページの最後に出してあります。

10ユーロ以上のご寄付をいただいた皆さまには、素敵なサプライズをご準備しました。

€ 10:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。
€ 25:上記+「Neflac 5th anniversary(5周年記念)」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。フルートや眼鏡、コンピューターのスクリーンのお手入れにお使いください。
€ 50:上記のすべて+2015年サマーアカデミーにおけるエミリー・バイノンのマスタークラスの一つにご参加いただけます。
€ 100:上記のすべて+エミリー・バイノンのCD
€ 150:上記のすべて+5周年記念コンサートのチケットを1枚進呈
€ 200:上記のすべて+5周年記念コンサートのチケットを2枚進呈
€ 250:上記のすべて+ネフラック2015の「フレンド」資格を進呈。「フレンド」の特権はネフラックのウェブサイトでご覧ください。€ 50増えるごとに記念コンサートのチケットをさらに1枚ずつ進呈します。
€ 500:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのフルートとギター(または他の楽器)でのデュオコンサート。
€ 1000:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのネフラック・アンサンブルによるコンサート。
€ 2500:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのエミリー・バイノンによるコンサート。

ご寄付は、ペイパルでお払いいただくか、もしくは下記までご送金ください。
Triodos Bank, Zeist
IBAN: NL86 TRIO 0786 8953 73
BIC: TRIONL2U
Reference: your name
お送りいたただいた金額は必ずクラウドファンディングに入金いたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
c0191959_11452148.png訳者注:ペイパルで払い込むには、このNeflacのクラウドファンディング募金活動ページの中程にある、右のような画像をクリックしてください。募金サイトに飛びます。まず金額を入力して、「Country」欄で「Japan」を選ぶと、サイトが日本語表示になってくれます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

<中略:訳者注:オランダ語のみのウェブサイト経由での払い込みの説明は省略します>

ご質問がありましたら、私どもまでご連絡ください(info@neflac.nl)。

THANK YOU!!
<この記事は、Neflac募金活動のサイトの拙訳です>


[PR]

by akirako-hime | 2014-10-08 11:52 | 演奏会などのご案内

オランダ・フルートアカデミー 5周年記念メガ・コンサート

オランダ・フルートアカデミーが、5周年を記念して、11月9日(日)、オランダはユトレヒトにあるチボリフレデンブルグ音楽ホールにて、500人規模のメガ・コンサートを企画しています。

若い方も、年配の方も、初心者もプロもアマチュアも、フルートを演奏する方ならどなたでも参加できるとのこと。オランダもしくは近辺におられる皆さま、参加されていはいがかでしょう?

ネフラックのために書かれた「Eternal Winds (永遠の風)」は世界初演、指揮は作曲者、ウィル・オファーマン氏 (Wil Offermans) がされるそうです。音楽ゲストは、ソプラノ歌手のロベルタ・アレクサンダー (Roberta Alexander)、テイス・ヴァン・レール (Thijs van Leer)、レベル・オブ・リズム(リズムの反逆者)のニールス・ファン・ホールン (Niels van Hoorn)、そしてネフラックの音楽監督であるエミリー・バイノン本人も、コンセルトヘボウ管弦楽団のフルートパート全員と共に演奏するとのこと。

詳しくはこちらをご覧ください。

<Neflacのサイトと、エミリーのFacebookへの公開投稿文を参考にしています>

[PR]

by akirako-hime | 2014-10-08 10:51 | 演奏会などのご案内