<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

石川利光 尺八リサイタル 「知命」

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

友人のバイオリンのお師匠さんのご主人が、尺八の名人だということで、去年か一昨年、リサイタルに寄せていただいたことがあります。本格的な尺八の演奏を生で聴くのは初めてでしたが、説得力あふれる演奏に、いたく感激! 何となく古くて堅苦しいイメージがありましたが、いやいや、ぜ〜んぜん! なんとも自由な感じで、斬新な印象さえありました。

さてさて、我が家のご近所に、趣味で尺八をたしなんでおられる男性があります。ちょくちょく練習している音が聞こえるので、熱心だなぁといつも感心しているのですが、先日、奥さんと立ち話をしていたら、なんと!「友人のバイオリンのお師匠さんのご主人」が、この「ご近所さん」のお師匠さんだと判明して、お互いビックリ! 狭い世界ですね〜。

奥さんから話を聞いて、ご主人も驚かれたのでしょう、翌日、ポストに「驚きました。石川先生をご存知でしたか。悪いことはできません」とのメモを添えて、演奏会のご案内を入れていただきました。という訳で、ご案内。

石川利光尺八リサイタル 「知命」
10月23日(日)14時開演 ムラマツ リサイタルホール新大阪
3000円(当日3500円)/学生1500円

私は後期授業がはじまったとたんにパニクりだしているので、行けるかどうかまだわかりませんが、とってもお勧めの演奏会であることは確かです。尺八体験、いかがですか?
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-28 07:59 | 演奏会などのご案内

オープンゼミ:東日本大震災における課題など

神戸大学 都市安全研究センター 第154回 オープンゼミナール
 日 時  2011年10月1日(土)14:00~17:00
 場 所  神戸大学工学研究科 C1-301

① 東日本大震災における被災者支援法制の運用と課題(14時~16時)
   山崎栄一(大分大学教育福祉科学部准教授)
   田中健一(神戸大学大学院工学研究科博士後期課程)

② 東日本大震災における災害法制の課題―被災者支援と復興の調和へ向けて(16時~17時)
   金子由芳(神戸大学大学院国際協力研究科教授)

詳しい内容、問合せ先のメールアドレスについては、ウェブサイトをご覧ください。

<問い合わせ先> 神戸大学都市安全研究センター 神戸市灘区六甲台町1-1
 TEL: 078-803-6437(事務室 山崎) FAX: 078-803-6394
 TEL:078-803-6440(北後研究室 壁井)
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-21 20:19 | 東日本大震災

8人のファゴッティスト

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪
8人のファゴッティスト
9月28日(水)  7:00pm 開演
イシハラホール (地下鉄四つ橋線 肥後橋駅下車すぐ)

なんと! トップクラスのファゴット奏者8人が一堂に会して、演奏会を開くのだそうな! メンバーのお一人、大学時代の先輩からご連絡をいただきました。

 小山昭雄:ドイツ、トロッシンゲン音楽大学教授
 小山莉絵:小山氏の娘さん、ドイツ各地のコンクールで優勝
 中野陽一朗:京都市交響楽団
 東口康之:京都市交響楽団
 夏山朋子:札幌交響楽団
 大塚利崇:東京でフリー奏者として活躍
 國府利支恵:大阪市音楽団
 滝本博之:関西を中心にフリーで活躍
 ピアノ共演:蒲生祥子

プログラムには、ハイドンの「喜遊曲」や、モーツァルトの「魔笛序曲」など、馴染みある曲目から、ステフェンソンの「2本のファゴットのための協奏曲」や、三浦真理「水の国」など、近代現代曲までが並んでいます。

先輩からのメッセージには「これだけのファゴット奏者が集まる事はありません。是非ともご来場下さい。」とのこと。あ〜、私はすでに予定があって、行けませんが、これはかなり楽しそう! チケットは3500円ですが、先輩からは特別料金のお知らせもいただいていますので、興味がおありの方(ブログ主と面識のある方に限ります)、ご一報ください。
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-17 08:05 | 演奏会などのご案内

ヴァイオリン再開のお手伝い

神戸市東灘区西岡本で教室を開いている、知人のヴァイオリニスト/ヴィオリストが、こんな記事を掲載しておられます。

● ヴァイオリンの再開、お手伝いさせていただきます ●

この度の東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
現在神戸近郊に、福島や東北から避難されている方も多くおられると存じます。
もし、そのような方で、こちらでヴァイオリン・ヴィオラを再開されたい方がおられましたら、楽器の貸与やレッスン代の減額・免除など、私に出来る限りの支援をさせていただきます。
一度遠慮なく、ご相談ください。


関心のおありの方、あるいはありそうな方をご存知の方、「ヴァイオリンとヴィオラと子育ての日々から」をお訪ねください。
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-12 08:33 | 東日本大震災

ハウツー ビートボックス! いえぃ♪

ビートボックスのやり方なんて、ネットに上がっているのかしらん?と思って見てみたら、なんと、日本語でわかりやすいものがありました。

YouTube から、Daichi というビートボクサー(という表現でいいのかな?)が、コンパクトにまとめて解説してくれている動画です。どうやら彼独自の技術も入っているようです。

ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX  LESSON 1
ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX  LESSON 2
ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX  LESSON 3

日本のレベルも高いんですねぇ。某テーマパークのストリートショーに出ているビートボックスのパフォーマーもとても上手で、へぇ!と思いましたが、この人もなかなかクールです。さすがに「フルート&ビートボックス」というのはなさそうですが。
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-11 06:35 | 笛吹きっぽいひとりごと

被災地へピアノを届ける会

こんなのを見つけました。「被災地へピアノを届ける会 〜 東日本大震災被災地音楽復興支援」

実は私はあまり「音楽の力」を信じていない人で、音楽好きな人もいればまったく興味のない人もいるし、そもそも「生きること」自体がとってもとっても大変だったら、やっぱり音楽よりお腹を満たす食料や雨風をしのげる住まいでしょ、と思っている人です。

でも少しでも音楽が好きなら、音に触れることで解放できる感情があるのもどうやら事実らしい。何よりピアノが欲しいと願う施設が多いなら、ささやかながらお手伝いをしようかな。
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-10 22:15 | 東日本大震災

情緒不安定かも。。。

すっかり更新が滞っています。。。 いやいや、気にはしていますし、ネタはそれなりにあるのですが・・。

災害が続くと、どうも気が萎えます。私の周辺は、3月の地震でも今回の台風でも被害はなかったのですが、テレビの災害のニュースから目が離せず、そのくせ避難所の様子が映るとなんだか見ていられなくなってまわしてしまいます。

牛肉を食べてはダメよ、とか何とか、風評被害拡大拡声器よろしく訳知り顔で言い立てる人を相手に、必要以上に腹を立てたり、やたら自己憐憫過多な自己中タイプに、(言わないけど)被災地と比べてみろ!と怒鳴りつけたくなったり、どうも情緒不安定です。

仕事も勉強もそれなりにこなしているし、お友だちとの約束も次々あって楽しんでいますが、気持ちの底に澱のごとく「どうしてこうなるのだろう」とか、逆に「どうしてこうできないの?」とか、ウダウダした思いも溜まっていて...。

しようがないですね、そう思ってしまうのだから。もっとテキパキと動けばいろいろ片付くのにとはわかっていても、だからと言って「ハイ!」とばかりに変えられる訳でもなし、当分このまま放っておきます。
[PR]

by akirako-hime | 2011-09-10 22:14 | 音楽無縁的独白