<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ペットと暮らせる仮設住宅を

   『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
 愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


簡単に言えば、ペットと暮らせる仮設住宅を建ててほしい、そのための署名に協力してほしい、ということです。

私自身はペットを飼っていませんが、身近にペットと暮らしている人がいますので、せっかく地震から一緒に助かったのに、仮設に入るときにそのペットを手放さないといけないとなったら、ずいぶん辛いだろうと想像できます。手放す=処分する・・になってしまうことも、多いでしょうし。

阪神淡路大震災の地震当日の夕方、我が家の避難先だった小学校の校庭では、連れて来られたたくさんの犬があちこちにつながれて、ウォーーン、ウォーーン、と声を上げていました。その妙に哀しく切実な響きのハーモニーが、あの日の妙に高揚した人々の雰囲気に、さらなる緊迫感を添えていたように思います。

ちなみに「阪神淡路大震災のときにはこの署名によって仮設でペットを飼えるようになった」という情報もネット上では流れていますが、これはたぶん間違いでしょうね。そんな話は聞いたことがありません。ペットが原因で隣人とトラブルになった話はありましたけれど‥。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-31 15:44 | 東日本大震災

シミュレーション

放射能汚染がどう広がって行くのか。。。これも不安の一つです。あちこちが試算やシミュレーションを出しています。

「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について」は、23日付けで原子力安全委員会が出した資料です。一日を通して屋外で過ごした場合の甲状腺の被ばく線量を試算したもの・・ということのようです。あくまで「試算」であり、実測ではないということは、よく含んでおいた方がいいと思います。

以前にもご紹介した「AKW_FUKUSHIMA-1-131」は、ドイツの週刊誌、デア・シュピーゲルが作った福島原発からの汚染シミュレーションでした。

最近フランスから出たシミュレーション、「Japon : le "panache" radioactif en images」も、話題になっているようです。同じシリーズの「Nuage radioactif sur la France」は、汚染がどうフランスに達するか、北半球への広がり方のシミュレーションです。

これらもあくまで「シミュレーション」。参考にはしても、パニックを起こす必要はなさそうです。色のついた部分がどんどん広がるので、一瞬ギョッとしますが、これだけ拡散すれば濃度もかなり下がるはず。

とにかく最重要課題は大元、原子力発電所の状況改善です。危険と隣り合わせの作業の大変さは、我々などの想像をはるかに凌いでさらに余りあるのでしょう。。。作業にあたる人々の安全と、作業の成功を、祈ることしかできないなら、私はひたすら祈ることにします。。。

原子力安全保安院の緊急時情報をメールで受け取れるようにしました。受信は携帯に限られますが、緊急時情報ホームページでは「原子力関連緊急情報」が掲載されています。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-27 10:59 | 東日本大震災

木の霊に心惹かれて

ACのコマーシャル、「こだまでしょうか?」が話題になっているそうで、私もけっこう心惹かれているのですが、さっそくパロディ版サイトもできているんですね。

一つだけ、ちょっと吹き出してしまったヤツを、ご紹介。

「好きだよ」っていうと「好きだよ」っていう。
「愛してる」っていうと「愛してる」っていう。
「もう別れる」っていうと「別れる」っていう。
 そうして、あとでさみしくなって、
「もう一度やり直したい。ごめんね」っていうと「やり直したい。ごめんね」っていう。
 彼女でしょうか。いいえ、こだまです。


ちなみに本物の全文はこちら(金子みすゞ記念館サイト内)です。

こだま、漢字で書くと、木霊。きれいですね。。。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-26 12:55 | 言葉録

衛星写真

海外でどう報道されているのか見てみようと、イギリス・ガーディアン紙のサイトを覗くと、こんなページがありました。

Japan tsunami - before and after pictures (日本の津波 - 津波の前と後の写真)
人工衛星ジオアイから撮影した衛星写真を見ると、津波でどれだけ日本の海岸線地域が破壊されたかがわかる。黒い縦線をドラッグ。(拙訳)

画像の上にカーソルを持って行くと、黒い太めの縦線が現れます。その線をドラッグすると、津波の来る前と後の写真が切り替わります。次の画像に行くには、写真左下の「Next >>」をクリックしてください。
注:ニュース記事なので、日が経ったら消される可能性ありです。

[PR]

by akirako-hime | 2011-03-24 09:00 | 東日本大震災

首相官邸ウェブサイト

考えてみれば当然ですが、首相官邸ウェブサイトでも地震関係の情報が出ていました。「東北地方太平洋沖地震への対応」というページです。

ツイッター(Twitter)もあるんですね。私はどうもツイッターというのがよくわかっていないのですが、覗いてみると、いろんな情報が次々と発信されているようです。「首相官邸(災害情報)」の他、「厚生労働省」「総務省消防庁」のツイッターページもありました。

海外の知人からのメールを見ると、今回の災害がどんなふうに伝えられているかが、何となくわかります。かなりスゴいニュースになっているような。。。

一方、地震や原発のニュース以外に気が行かなくなっている間に、世界では、リビアがとんでもないことになっていました。「日本がこんな凄まじいことになっているときに、やめてくれ!」と思ってしまうのは、自己中、自分勝手なのでしょうか。。。それでも思ってしまいます。お願い、今はやめて‥‥。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-22 08:03 | 東日本大震災

文科省と国土省のサイト

文部科学省が放射能に関する情報をインターネットに掲載しています。素人には少し解読が難しいようにも感じますが、データが出て来るのは歓迎です。

都道府県別環境放射能水準調査結果
文部科学省のモニタリングカーを用いた
   福島第1発電所及び第2発電所周辺の空間線量率の測定結果

上水(蛇口水)、定時降下物のモニタリング
Reading of environmental radioactivity level(English,Chinese and Korean version)
   環境放射能レベル測定値(英語、中国語、韓国語版)

国土交通省もトップページのトピックス欄に「平成23年東北地方太平洋沖地震 関連情報」という項を作り、情報ページにリンクしています。

政府の発表は嘘だ、隠している、と言い立てる人も少なからずあって、「大本営発表」という表現まで見かけました。私も政府が何もかもを公表しているとは思いませんが‥‥。今は第二次世界大戦時のように情報をそうそう隠しておける時代でもなく、また政府以外にもデータ収集能力を持つところはありますから、そんなに隠したり、ごまかしたりできるのかしらん?というのも、正直、思うところです。

出て来るべき情報が出て来ないのは、むしろ混乱のためではないでしょうか。東京電力と政府の間の伝達や連携も、うまく行っているようにはとても見えないし・・・。

根拠のない風評に踊らされないよう、気を引き締めたいと思います。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-21 13:17 | 東日本大震災

国際原子力機関 福島原発の最新情報

国際原子力機関 / IAEA(International Atomic Energy Agency)が、「Japan Earthquake Update(日本の地震 最新情報)」というページを作って、福島原子力発電所の状況を報告しています。英語&大量なので、読むのもなかなか大変ですが、頻繁に更新されています。

世界的な傾向として、一般の人々のみならず、トップの一部の人たちまでが、しっかりした情報には基づかない推測での発言や行動をしている中、きっちりと抑えておきたい情報源の一つです。IAEA事務局長の天野さんの「日本政府が単独でではなく、他国や国際組織と一緒に計測などをすることで、情報の信頼感ははるかに増す」という発言には、説得力があると感じます。

ちなみに、ここで出ている「UTC」とは協定世界時のこと。日本との時差は9時間なので、ここに出ている時間に9時間を足せば日本時間となります。また、ほぼ前日と同じで一部だけ変わっているというところは、更新部分が太字となっています。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-21 09:19 | 東日本大震災

もう一度冷静になれよ!

‥‥と、ラモス瑠偉氏が喝を入れているという話題に、私もアクセスしてみました。

その中から、2行だけ抜粋・・・。

 自分だけ逃げようとか 物を買占めたりとか
 そういうやつらもいるのが すごく悔しい


ラモス瑠偉のオフィシャル・ブログ、3月18日分、もう一度冷静になれよ! でした。

C O O L . . . !

[PR]

by akirako-hime | 2011-03-19 20:38 | 東日本大震災

支援体制

メーリングリストで、被災者受け入れ自治体リストの紹介がまわってきました。

また、私の地元の兵庫県について見つけたサイトもご紹介します。
東北地方太平洋沖地震 被災地支援情報(兵庫県)
県民の皆さんからの義援金等の支援について(東北地方太平洋沖地震)(兵庫県)
東日本大震災支援ブログ(ひょうごボランタリープラザ) 

他の自治体も同様の情報を出しています。自治体名と「被災者」「受け入れ」「支援」などのキーワードを組み合わせて検索すると、すぐに見つかると思います。

被災地が少しでも暖かくなりますように...。

追記:
日本赤十字社
東京ボランティア・市民活動センター
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-18 06:57 | 東日本大震災

エール

ヘリコプターによる原発への水の投下がはじまりました。本当に、本当に、祈るような気持ちです。

原子力発電所でも、津波の被災地でも、実際に現場でがんばっておられる皆さんに、どうやったらエールが送れるのか。

東電トップの糾弾や、原発建設反対など、後でいい。「もし〜〜なったら」議論も、今はいらない。今はとにかく、現場の人々にひたすらエールを送りたい。少しでも状態がよくなりますように。
[PR]

by akirako-hime | 2011-03-17 10:15 | 東日本大震災