<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

唇への楽器の当て方

楽器を唇にどのくらいの力で当てていて、楽器の歌口のどのくらいの割合を下唇でふさいでいますか? 半分? 3分の1くらい? それってどの音域でも、ほぼ同じ感じですか?

これまで見てきた経験だと、高音が出にくい人、低音がまとまらない人の多くには、高音になるほど力が入って楽器を強く唇に押しつけ、低音になると逆にフワンと浮かしてしまう傾向があるようです。楽器の歌口を下唇でどのくらいかぶせるかは、音を出すための大事なポイントの一つですが、せっかく具合のいいかぶせ方を見つけても、それが音域によって崩れてしまうようでは、もったいないですよね。

高音になると出にくいとか、出ても細い絞り出すような音にしかならないという方は、高音のときに楽器を唇に強く押し付け、歌口をふさぎ過ぎていないでしょうか? 低音が芯のないボケた音になる方は、低音のときに楽器がふわりと緩んで歌口が開きすぎていないか、チェックしてみてください。

お勧めは、音域を問わず、いい音が出ないときにはまず、そのときの唇と歌口の位置関係や、どのくらいの力で楽器を押し当てているかを観察してみることです。そして音域はどこでもいいので、いい音が出るポイントを見つけたら、そのときの唇と楽器の位置関係をよく自分で観察して、違う音域でもその状態にしてみてはいかがでしょう。音域によって多少変わるべきという説もあるので、「すべての音域で同じように」とは言いませんが、意によらない「そうなっちゃう」的な変化は、かなりイマイチですよね。

歌口に唇がかぶる割合のチェックポイントは、大きく二つ、あります。1。楽器を唇に押し付ける=かぶせ方が大きい/唇から緩める=かぶせ方が少ない、2。楽器を内側に回す=かぶせ方が大きい/外向きに回す=かぶせ方が少ない。

危険なのは、力が入って押さえつけているからかぶせ過ぎになっているのに、押し付ける力はそのままで、楽器を外に回して歌口を開けようとすることです。これだと歌口のエッジに息が当たる角度がずれてしまいます。

楽器を唇に押さえつける最大の要因は左手です。高音のとき、左手にグゥ〜ッと力が入っていませんか? 左手の人差し指の付け根がすぐ痛くなる方、要注意かも知れませんゾ。また低音のときに、中高音に比べて当て方も弱く、歌口がかなり開いてしまっていませんか?

楽器の角度自体が変わってしまうケースも折々見られますが、こちらは左手での支え方にも関係するようです。そもそも楽器の持ち方が、唇と歌口の関係やアンブシュアに影響するんですよね。またそのあたりは、次回以降に。。。
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-13 11:10 | 練習のヒントになるかな〜

厄払い〜♪

先日は、ちょっとした厄日でした。

午前中、買ったばかりの携帯電話が派手な音を立てて落下(置き方が悪かったのでしょう..)、そのまま故障〜! 午後には人と約束があったので、それまでにお店に携帯を持って行こうと、着るつもりだったセーターを引っ張り出すと、げ! 袖ぐりにパックリと穴が。。。! 

別の服を着て自転車で家を出ると、5分も経たないうちに横手から出て来たバイクに当てられ、転倒。バイクが超低速だったので、こけただけで済みましたが、踏ん張ろうとした左足は捻挫して、すぐに立ち上がれない程度には痛み、手の指も一本傷めてしまいました。しかしまぁ、バイクの人の事務所の真ん前での事故でしたので、事務所の人々が総出となり、警察を呼ぶのも病院に行くのも実にテキパキと、その早いこと早いこと!

そして。。。 捻挫の腫れは小さく、どうやら長引かずに治りそうです。その日のうちに腫れてきた手の指の方が心配でしたが、翌日は痛いながらもフルートを吹ける程度には回復。セーターも縫い目がほつれただけなので、指が治ったら修繕しましょう。携帯は、少しカバーが外れていたのをお店の人がパチンとはめてくれて、それで直ってしまいました。

もしかすると「厄日」と言うより、「厄払いの日」だったのかもしれません(笑)。

しかし、片足と指1本が痛むだけで、何をするにも時間がかかりますね。今週は忙しくないので助かりましたが、足を運ぶ動作を確認しながら、ふとこんなことを思ってしまいました。

必要以上にお金や物を使うことを贅沢と言います。時間も、効率よく使うのも快感ですが、チンタラゆっくり時間をかけて動くのって、とても贅沢なことなのかも知れません。忙しい日常生活の中でそんな悠長なことばかりもしていられませんが、「時は金なり」とばかりに効率一辺倒で動くのは、少しわびしいことなのかも。。。
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-11 12:20 | 音楽無縁的独白

斜に構えたランパル 〜 ちょっぴりアンブシュア考察

昨日の記事でご紹介したボランの組曲の動画では、あちこちでランパルがアップになります。たとえば Fugace の最初の部分など、かなり真正面からランパルのアンブシュア(楽器を吹くときの唇や口の状態)が観察できます。

はじめてのフルートのレッスンで、頭部管は唇に平行(まっすぐ)に当てる‥的に言われた人は多いのではないでしょうか? 私もまずはそう指導します。でもランパルは半端ではなく斜めに構えていて、その説に合わないように見えますよね。でも‥すごくいい音! 実はそもそもランパルは、アンブシュア・ホールの位置自体も、ずいぶん唇の真ん中から左側にずれています。

アンブシュア・ホールが真ん中にならない人はちょくちょくいますが、問題かと問われると、私は「いいえ〜!」と断言しちゃいます。アラン・マリオンもかなり左寄りだったように思いますが、とてもきれいないい音でした。もちろんホールがきれいに唇の真ん中に来ていて、音色もきれいな例はさらに多いですから、位置は問題ではなさそうです。

アンブシュア・ホールの形って、横長ですよね。真ん丸ではありません。「隙間」と表現してもいいくらいに、横に細長い穴です。この穴の方向と楽器とが平行であること、それが大事なのだと思います。そして、アンブシュア・ホールの中心と楽器の歌口の中心が合っていることと、息が歌口の反対側(外側)のエッジの中心に当たる角度になっていること。すると、アンブシュア・ホールが顔に対して斜めに開く人は、当然、フルートの構え方も斜めになります。

はじめてフルートを吹くときには、まず唇に平行になるように楽器を当ててみて、その後、アンブシュア・ホールがどのあたりに、どういう形で落ち着くか、気をつけて見ていてください。もう音が出るようになっている方も、アンブシュア・ホールは一回定まったら永久的というわけではありませんから、ときどき鏡でツラツラと自分のアンブシュアを眺めてみるのはお勧めです。アンブシュア・ホールが唇の横手あたりにあっても、真ん中にあっても、それで自然な感じならOK! そのホールに対して楽器がいいポジション、いい角度で構えられていればいいのです。

何よりとても大事なのは、自分の音をよく聞いて、「一番自分がいいと感じる音色」にしようとしながら、あれこれ試してみること。「これだ!」と思った音色が出たら、そのときのアンブシュア、それ!それですよ! \(^O^)/ そのアンブシュアが正解なのです。ハイ。

ときどき、好きなフルーティストのアンブシュアや姿勢を一所懸命見て真似ようとする人がいますが、唇や口内の形など、身体の作りが人によって違いますから、見かけだけ真似ても意味はありません。それよりひたすら「いい音だな〜」と思う音色を耳と感覚に染み込ませて、自分の「理想の音」のイメージを作る方が有意義そうです♪

余談:その昔、超ランパル・ファンの先輩(男性)が、「子どもができたらランパルと名付ける」と宣言していました。「乱春」と書くのだそうな。実行したという話は伝わっていません ‥笑!
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-08 09:40 | 練習のヒントになるかな〜

ジャズ組曲 〜 後日談 〜 再アップ☆

以前にジャズ組曲という記事で、クロード・ボラン(C. Bolling)の「フルートとジャズ・ピアノ・トリオのための組曲(Suite for Flute and Jazz PIano Trio)」を、ランパルとボランのジャズトリオが演奏している動画があるとご紹介しました。記事の中では「著作権は大丈夫?と思ってしまう」とも書いたのですが、著作権のためかどうかはともかく、しっかり削除されてしまっています - - - (このサイトが中国語なので読めません!)

改めてさがしてみたら、YouTube にゴッソリ出ていました。こっちの著作権がどうなっているのかわかりませんが、アップされたのが2007年とか2008年なのに削除されていないということは、とりあえず大丈夫?なのでしょう。

では、ランパル のフルートとクロード・ボラン・トリオの演奏で、存分にお楽しみください。

 フルートとジャズピアノトリオのための組曲
 1. バロック・アンド・ブルー Baroque And Blue
 2. センティメンタル Sentimentale
 3. ジャワ風 Javanaise
 4. フーガ Fugace
 5. アイルランド風 Irlandaise
 6. ヴェルサティル Versatile
 7. ヴェロス Véloce

ヴェルサティルでは、バスフルートが使われています。また、フーガ、アイルランド風、ヴェルサティルの終わりの方では、次の曲のリハーサルをするシーンも少し入っています。フランス語〜♪ アン、ドゥ、 トゥロア! のカウントと、「トレビアン!(très bien / すばらしい)」だけ聞き取れまるかも(笑)。言葉がわからなくても、見ているだけでおもしろいですね♪

ちなみに「Bolling」の日本語表記は、ボランが一番多いようですが、ボーラン、ボリング、ボーリング、などと書かれているのも、ちょくちょく見かけます。
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-06 09:48 | 笛吹きっぽいひとりごと

(^0^) CU〜

本屋さんで、『よろしくお願いします』と英語で言いたいあなたへキヤノン英語マンから20のアドバイスという長いタイトルの本を見かけました。パラパラとめくってみたら、ちょっとおもしろそう、でも買いたいというほどではないかな〜‥‥ というわけで、図書館で借りてきました。ふむふむ、「なかなかいいところを突いてる〜」と、あちこち納得です。

個人的におもしろかったのが、Eメールやインターネット上でのちょっとした習慣です。たとえば、顔文字。日本の顔文字は、 (^O^) ...笑顔、 (>_<) ...あちゃー、など、文字と同じ方向に作りますが、欧米では多くの場合「左に90度回転した状態になる」のだそうな。そう、そうなんですよ、ときどき「ありゃ、これ顔? 横に見るの?」っていうのがあるんですよね。

 笑顔   : )    = ) 
 ん〜、残念!   : (   :-(
 ウヒヒ(舌ぺろん)  :-p  : b    ‥‥などなど。

Eメールやネット上でよく使われる略語も解説されています。知らないものの方が多いのですが、いくつか見覚えのあるものもあります。

 FAQ = frequently asked questions = よくある質問
 w/o = without〜 = 〜なしで
 w/ = with〜 = 〜ありで
 cu = シーユー = see you = またね    ‥‥などなど。

この本には出ていませんが、実際に以前、インターナショナル・スクールの生徒からもらったEメールの最後に書いてあって、さんざん悩んだ末に「そーいうことかー、なぁるほどぉ!」だったのが、「CU寸」でした。

C = シー = see / U = ユー = you / 寸 = スン = soon、というわけで、See you soon. = またすぐにね〜、なのです。日本にあるインターナショナル・スクールだからこそ成り立つ略語、ですな。\(^O^)/
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-05 14:38 | ちょっぴり英語

楽譜のサイト

楽譜には著作権/版権があって、コピーは基本的に法律上ほぼアウト‥なのですが、著作権や版権が切れている楽譜には、インターネット上でも入手できるものがけっこうたくさんあります。買いたいほどではないけれど、ちょっと音の絡みを見たいときとか、かなり便利。実際に使うときには、やっぱりちゃんと買うことが多いですけれどね。

私がよく利用するのは、Werner Icking Music Archive というサイトです。ちょっと見づらいのがネックなのですが、 Composers(作曲家別) のページなら、使いやすいのでは?

このサイト内の Other sheet music archives というページでは、他の楽譜提供サイトの紹介もしてくれています。

ちなみに・・・基本的に楽譜は買いましょう。作曲者と出版社への敬意の意味でも。

入手が難しいならしようがありませんし、大量に入った曲集の1曲だけ必要なときとか、アンサンブルで枚数がたくさん欲しいときなどは、私もコピーに頼ってしまいます。フルート吹きのバイブルとさえ呼ばれるソノリテなんかも、実にお高すぎちゃって、まだフルートを続けるかどうかわからない初級の生徒さんには、正直「買って」とは言いづらい・・・。

でも、通常の曲や練習曲なら、1冊買ってしばらく楽しむ訳ですから、けっきょくそう高くもないのです。薄いのに高い高〜いソノリテ(ほ〜んと、ルデュック社さん、高すぎ〜っっ!)も、生徒さんが中級くらいになってきたら、買っていただくようにしています。
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-04 11:06 | 笛吹きっぽいひとりごと

霧島連山 新燃岳

新燃岳、スゴいですね。。。それでなくても心配ですが、霧島国際音楽祭の開催地からとても近いので、知っている地名がよく出るし、行ったことのある場所が映ったこともあったし、気になります。

音楽祭の関係の海外の友人に知らせようと、英語での情報を調べていたら、ド迫力の写真掲載サイト、THE SHINMOEDAKE VOLCANIC ERUPTION(新燃岳火山噴火)に行き会いました。これ、間近で見たら、ホントにめちゃくちゃ怖いでしょうね!

緊急避難した人々、白い灰に覆われた作物、ちゃんと飛べなくなってしまった雀や、噴石で起きた火を消す作業。。。 テレビで見るだけでも深刻さが伺えますが、現地ではそんなものではないのでしょう。大震災のときの「被災者とそれ以外の認識の温度差」を思うと、本当に迂闊なことは言えませんが、とにかくとにかく、早く沈静化しますように。。。 
[PR]

by akirako-hime | 2011-02-02 11:51 | 音楽無縁的独白