<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

続:英語の発音

一言で「アメリカ英語」だの「イギリス英語」だのと言っても、千差万別ですよね。日本も地方によってずいぶん言葉が違います。アメリカは実に広いし人種も多いから、日本の比ではなさそうです。

イギリス英語は、地域のみならず階級によって発音やアクセントが違うのが、一つの特徴だそうです。ただ、日本の一部の人々が思っているほど「上流階級」の英語が尊重されているかというと、それも違うような・・。むしろクイーンズイングリッシュ系の発音には、場合によっては「お〜ぉ、お高く止まっちゃって」的な反応もありました。

ロンドンの英語学校で教えられたのは「RP(Received Pronunciation / 容認標準発音)」なる英語です。標準として受け入れられる発音ということで、BBCアナウンサーなどが見本です。アメリカ英語も、やはりニュースキャスターの発音が代表となる「GA(General American / 一般米語)が、標準とされているようです。外国語として英語を学ぶときには、このあたりを狙うことになるんでしょうね。

ちなみに、今、発音練習に使っているのは、図書館で借りて来た「英語舌のつくり方」です。けっこう人気の本みたい。説明が具体的だし、音声CDもあるし、わかりやすい内容です。これをきっちり見ていったら、アメリカ英語の聞き取りも楽になるかもしれません。

もう1冊図書館で予約しているのは、今年出たばかりの「イギリス英語でしゃべりたい!」です。こちらも人気みたいで、予約5件待ちです。

言語はコミュニケーションや情報収集のツールです。ツールは上等であるに越したことはありませんが、その取得自体を最終目的とするようなものではありません。まぁでも、通じにくさの原因となりかねない発音の訛りは、やっぱり少ないほうがいいですもんね。

めざせ! 脱ジャパニッシュ!!

・・・なぁんちゃって。めざすだけならできるしねー(苦笑&嘆息)。あ〜ぁ、発音コンプレックスを刺激されちゃうなー。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-29 21:00 | ちょっぴり英語

英語の発音

思うところあって英語の発音を勉強し直しています。私の英語はイギリス系の、でも基本的には、もろジャパニーズ・イングリッシュ(日本人英語:ジャパニッシュ)。それなりに通じるので、特に不自由も感じないのですが・・。

もともと私は、日本育ちの日本人が、外国語である英語を、ネイティヴっぽく話す必要があるとは思っていません。わかりやすければいいという主義です。もちろんあまりにグシャグシャの発音では困りますが、ほどほどなら、伝わりやすさという意味では、アクセントの置き方やフレーズの切り方の方が大事だろうとも思います。

でも今度のお仕事のためには、少し発音について整理しておいた方がよさそうなのです。

さて教材をさがしてみると、予想はしていましたが、見つかるのはアメリカ英語ばっかりですね。英語は英語・・・なのですが、私は留学先がイギリスだったので、やはり慣れているのはイギリス英語です。

もちろん日本で通訳をしていれば、アメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語圏から来る人はもちろんのこと、ノン・ネイティヴの人を担当することも多いし、いちいちお国なまりは気になりません。聞き取りやすさの差は、なまりよりも、喋る速度や音声のクッキリ度、文章の切り方によるように思います。

でも自分が発音するとなると・・。やっぱりしっかりイギリス英語をすり込まれているのです。「口」にも「精神」にも・・。どこかで「イギリス英語でなくっちゃ」と思っているのかなぁ。思っているんだろうなぁ。どうせジャパニッシュなんだけど。(^o^;

「hot」を「ホッt」より「ハッt」に近く、「cat」を「キャッt」ではなくて「キェアッt」風に発音するのは、正直、かなり苦手・・。「I can」を「アイ・キェアン」と発音せよと言われると、土下座してでも「お見逃しください、お代官さま」の世界で、口をついて出るのは「アイ・キャン」や「アイ・クン」っぽい発音です。「I can't」も当然のように、「アイ・キェアンt」ではなく、「アイ・カーンt(少し"オ"っぽい"カー"になる)」と言います。

いやいや、泣きごとは言っていられない。とりあえずは手に入ったアメリカ英語発音練習のテキストに沿って、練習することにいたします。でも、ようやく見つけたイギリス英語発音のテキストも予約済み。来るのが楽しみだ〜。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-28 18:21 | ちょっぴり英語

西本智実 with ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

明日は久しぶりにオーケストラの演奏会に行ってきます。お友だちが夫婦で行くつもりでチケットを買っていたら、ご主人がどうしても行けなくなってしまい、安く譲っていただいて、私がお付き合いさせていただくことになりました。

オーケストラは、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。ロイヤル・フィルには「ロイヤル・フィルハーモニック・コレクション」という、廉価のCDシリーズがあります。なにせ1枚315円とかなので、ホンマかいなと思いつつ買ってみたら、これがけっこういいもので、その後も何枚か買ってしまいました。

そして指揮者は、やや賛否両論あるようですが、男装の麗人、西本智実さん。ソリストにはフレディ・ケンプ氏、ドイツ人の父、日本人の母の元に生まれた、人気の若手ピアニストだそうです。いささかミーハーな内容ですが、こういうのが案外に良かったりすることも多いので、楽しみ!です。

最近、パソコン仕事のときなどに、オケのCDをかけることが増えていました。今もシェエラザードが鳴っています。明日は生を聴いてきます。

そして、我が友人連の中でも群を抜いて「二日酔いを恐れない精神」に満ちた友人と、久しぶりに酌み交してまいります。\(^O^)/

今日もとてもいいお天気。トンボの声が誘ってくるようですが(いや、誘ってないって)、明日がお出かけデーですから、家で掃除と練習をいたしましょう。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-26 11:03 | 演奏会などのご案内

トンボ池発見!

この秋から新しいお仕事を二つ、はじめることになりました。どちらも英語関係の講師業なのですが、初めての場所で初めての内容・・・。おぉ、緊張の秋!

一連の手続きで履歴書を出したり、面接に行ったり、また授業の準備もあるし、気分的にもバタバタとしています。とても楽しみな反面、やっぱり不安も、ね。

でも、早々からうれしい発見がありました♪

仕事場の一つは、我が家から遠くないところで、自然を大切にした敷地の中にあります。正門を入るとすぐに木陰になった小さな池があり、ここにリスアカネ?と思しきアカトンボがいたのです。見事なホバリング!か〜わゆい〜! 翅の先が染まっています。もしかしたら、コノシメトンボかもしれません。

後日、時間に余裕のあるときに改めて見に行くと、いましたいました! この種の他に、たぶんアキアカネだろうと思う種、そしてショウジョウトンボと思われる種もいます。

どれもこれも素早いし、イマイチのカメラを持ったイマイチの腕前のフォトグラファーが相手では、なかなか写真のモデルになってくれませんが、熾烈な縄張り争いや、延々のホバリング、交尾産卵など、飽きることのないシーンが続きました。途中でフラリとやってきたイトトンボは、たぶんモノサシトンボでしょう。

けっきょくろくな写真が撮れないまま、1時間ほどで引き上げましたが、3〜4時間いても飽きなかったことでしょう。トンボの季節が終わらないうちにお仕事に慣れて、池の傍で延々と過ごせるといいなぁ。今度は虫除けスプレーを持って行かなくっちゃ。

もっとも、お仕事の内容がけっこうハードなので、そんなことは言っていられないという可能性の方が、はるかに高いのですけれど。(^○^;
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-24 22:00 | ちょっぴりトンボとか・・

ダンスと丹田

ジャズダンスを習っています。・・と言っても、超の上に超の付くような初級レベルで、関節でつながっていなかったら飛んで行ってしまうのではないかと思うほど、手足がバラバラに動いているのですけれど。(^0^ゞ

基礎エクササイズには、片足や足先で立つクラシックバレエの基本ポーズもあります。これがなかなかジッと立てなくて、私はすぐ「よろめく女」になってしまいます。

それでも大したもので、細々と続けるうちに、だんだんできることも増えてきました。(もともとできなかったことが多いから・・爆!) 片足立ち、足先立ちのポーズも、レッスン以外でも日々折々やっている甲斐あってか、それなりに決まるようになりました。まだ少しよろめきますけどね。

すると先日のレッスンで、「バランスを崩したときに持ち直せることも大事」と言われたのです。そのためには、無闇にバランスを戻そうとするのではなく、臍の下の丹田のあたりから引き上げてやるのだと。上半身はむしろ楽にオープンにして、力を抜いた格好がいいらしいです。

丹田のあたり? おぉそれなら私の得意技! ・・と言うわけで、次によろめいたとき、とにかく丹田のあたりにキュッと力を込めてみました。おぉ!なんと!! よろめきかけた身体がバランスを取り戻すではありませんか!

その後もずっと心がけて丹田のあたりを意識してみました。確かに楽です。先生にも「うんうん!いいみたい」とほめていただき、ちょっと良い気分ですな。

レッスンの後は少し、ダンス講師とフルート講師の立場から、腹筋を生徒さんに意識してもらうのがいかに難しいかのお喋りをして、解散。いい汗でした。

週1回1時間。仕事が重なることも多いので、月2回しか行けないこともあるのですが、やっぱり全身を動かすと気持ちいいですね。とってもスローな上達に飽きずに付き合ってくださる先生に感謝!です。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-22 09:05 | 笛吹きっぽいひとりごと

カタツムリ

家人が何を思ったか、いきなりカタツムリをつかまえてきて、飼育をはじめました。2匹。

餌にゴーヤと人参をやっておいたら、カタツムリたちはせっせと両方を食べたそうです。どっちがどっちを好んでいたのかは、わかりませんが。

どうしてゴーヤと人参なんだ などと思ってはいけません。この飼い主の思考回路は、いろんな意味で通常から外れていますから・・(嘆息)。

そのうち1匹が死にました。残った1匹はゴーヤには目もくれず、人参ばかり食べているそうです。

死んだ子は、ゴーヤの食べ過ぎで死んだのかな・・・。気になる..。

ちなみにカタツムリには雌雄がなく、より正確に言うならば雌雄同体、すなわちそれぞれが雄であり、かつ雌であるのだそうです。交尾によって精子を交換し、それぞれが産卵するとのこと。人間もそうだったら、男女間の相互無理解なんて問題もなかったでしょうにね。(^O^)/
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-20 12:17 | ちょっぴりトンボとか・・

おニュウのバッグ

バッグを買いました。これまで愛用していたリュックがかなりボロくなり、またちょうど、リュックをやめて肩掛けバッグにしようかなと思っていたところだったので、ずっと探していたのです。

と言っても、手頃なバッグを見つけるのも難しくて・・。私はバッグにフルートを入れたいので、まずはフルートが入らないといけません。フルートをケースに納めてケースカバーにいれると、サイズは12cm×45cm×8cmになります。

そこに、A4よりやや大きめの楽譜、英語関係の読み物や電子辞書、虫や花をいつでも撮れるようにデジカメとか、なんだかんだと持ち歩いているんですよね。

それなりの容量で、かつ丈夫、旅行用っぽくなくて、それなりにオシャレ、長めの持ち手で、ファスナーも付いて、それなりの品だけどあまり高過ぎもせず・・となると、なかなか見つかるものではありません。

実は、8月にお友だちとショッピング街をうろうろしたときに、ちょっといいのを見つけていました。少し容量が小さめだけどフルートがぎりぎり入る長さで、書類も入るし、とてもオシャレだったので、私としては珍しくその場で買いかけたのですが、お友だちが、急いで買わなくてもいいと、制してくれたのです。普段は彼女の方がよほど衝動買いタイプなんですけど(笑)。

その後もずっと探していたら、百貨店に「これなら!」というのがありました。フルートも寝かせた状態で入れられるし、プラスで書類フォルダを入れても大丈夫。外付けのチャック付きポケットにはカメラと電子辞書が入れられます。長めの手提げ用持ち手とは別に、取り外しの利く肩掛け用持ち手も付いて、あまりバカでかく見えない。そしてお値段は際どく予算内!

買いました〜。 \(^O^)/ その後、急に忙しくなって、バッグを見に行くどころではなくなったので、ちょうどいいタイミングでした。やれやれ。

ありがたいことに、先月から仕事の話が続いていて、9月からは新しい仕事もはじめています。目下、慣れない仕事の準備や予定の調整に悪戦苦闘中。一部の生徒さん方にはご迷惑をおかけしていて、たいへん申し訳ないのですが、快くご協力いただいて、本当に感謝しています。o(_ _)o
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-14 11:44 | 笛吹きっぽいひとりごと

ワンコイン・コンサート 〜 フルートのさえずり

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪


南部やすか ~ フルートのさえずり(ワンコイン・コンサート)
兵庫芸術文化センター 大ホール (チケットオフィス:0798-68-0255)
10月15日(木)11時30分  500円(全席指定)

フルート:南部やすか / ピアノ:鈴木華重子
ジュナン:ベニスの謝肉祭 / リーバーマン:ソナタ / ビゼー:アルルの女  他

アメリカとドイツで研修を積んで帰国した南部やすかさん。大阪フィルの協奏曲ソリスト・オーディションで選ばれたり、去年の琵琶湖フルートコンクールで入賞して、注目を集めています。

私はだいぶ前にチラッと聞かせていただく機会があって、お!なかなか‥!と思いつつ、それ以降ちゃんと聞かせていただく機会がありませんでした。なので、今度のコンサートはとても楽しみです。

お相手のピアニストは、当ブログではすっかりお馴染みの鈴木華重子さん! 今年も霧島でご一緒させていただきました。ソリストの力が存分に引き出される共演者で、霧島国際音楽祭でも、エミリー・バイノンからの信頼が厚いのは言うまでもなく、他の先生方からの称賛の声も多く聞かれました。

芸術文化センターのサイトによると、先行予約はすでに完売で、13日からの一般電話予約でどうぞとのことです。行きたい方はお早めに・・。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-11 11:35 | 演奏会などのご案内

スルメとゴーヤ

今年も我が家ではゴーヤを植えました。去年より少し小振りですが、次々と実がつきます。料理法にもネタが尽きて、家人も飽き気味・・・。

というわけで、ご近所さんから教えてもらったゴーヤの一品。

お醤油とお酒と、好みで味醂やお酢を合わせ、ゴーヤとスルメと昆布を漬ける。冷蔵庫で二日ほど置く。

味醂やお酢は入れずにやってみました。うむ!不可思議なる美味しさです。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-09 08:59 | 音楽無縁的独白

詩人 シューマン

ちょっと心に残った言葉の覚書き ♪

昨日の演奏会のアンコールは、シューマンのロマンスでした。その紹介でヴァイオリニストの瀧村依里さんが話しておられた中から・・。

幸せなときにもつつしみを忘れず、苦しいときにも勇気を持って...。

詩人でもあるシューマンの詩の中の一節、依里さんがいつも励まされる言葉だそうです。

私は折々に、人の器量は逆境のときに知れ、浅はかさは順境のときに顕われやすい、くれぐれも心しなくては、と思っているのですが、いかにも戒めっぽくて、固いんですよね。

このシューマンの言葉は、はるかにやわらかくて、ふうわりと心にも留めておきやすそうです。
[PR]

by akirako-hime | 2009-09-06 08:59 | 言葉録