<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

合同野外調査 虫好きさん参加募集中☆

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

トンボなどの観察が好きな私は、ときどき「調査」に参加することがあります。たとえば、渡りをするチョウチョ、アサギマダラや、定住度が高いとされるトンボのミヤマアカネは、一般の人が参加してのマーキング調査が行われています。

もう一つときどき参加させていただくのが、長野県白馬で行われる「合同野外調査」です。主催は筑波大学の保全生態学研究室という小難しい名前のところですが、要は小学生から一般の社会人まで、興味のある方、教科書にはない生態学を体験したい方は寄ってらっしゃい、一緒に虫を観察しましょ☆というお話です。集めたデータは、専門の学生さんが分析して、自分たちの研究に役立てます。

合同野外調査 (調査のチラシ
第1期:7月21日(火)~ 31日(金)
第2期:8月17日(月)~ 9月6日(日)

一泊でも二泊でも、好きな期間、参加できます。今年の調査対象は、オサムシ、ゴミムシ、ノシメトンボとのこと。宿泊する民宿やまいち荘は、昭和の色合いを残す気楽なところで、近くには姫川源流があります。

興味がおありの方は、チラシに出ている「連絡先」まで直接お問い合わせください。「申込締切:6月30日(先着順)」とありますが、7月以降でも大丈夫だそうです。もっとも調査の計画を立てる都合があるでしょうから、間際でない方がいいと思いますけれど。(^O^)/
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-29 18:17 | 演奏会などのご案内

発表会終了☆彡

発表会も無事に終了しました。お越しいただきました皆さま、暖かい応援をありがとうございました☆

ご出演の皆さま、お疲れさまです。熱演ぞろいで、聴きごたえたっぷり!!でしたネ。緊張で思わぬミスがあったり、音が出にくくなったり、いろいろ小さい事故はありましたが、それもまたおもしろきかな。(^-^) 存分に楽しまれたようで、よかったです。

ピアノ共演をしていただいたお二人のピアニスト、賛助出演のバイオリンの先生には、特に深謝です。おかげさまで彩り豊かな演奏会となりました。

打ち上げもハジケましたねー。存分にバイキングのお料理(美味しかった!)を楽しみ、飲んだくれ、会話が思いっきり弾んでいました。大正解だったピザハウスFを、改めて宣伝しておきます!

ちなみにアルバイトの大学生は神戸大学落語研究会(オチケン)の2回生、可愛家すみびさんでした。もちろん芸名です。家号は女子は一律に「可愛家」。下の名前は学年ごとにテーマがあって、すみびさんの学年は「焼鳥」にちなみ、すみび、つくね、ささみ、だそうな(笑)。7月12日には虎笑象笑と称して寄席を開くそうですよ(次回公演)。

とりあえず主催者としては、小さな思惑違いはいくつかあったものの大問題なく進行し、最大の懸念事項だった「時間の読み」も何とかセーフ!で、ほっ=3 としました。あれこれお手伝いいただいた皆さん、ありがとうございました。

来年のことはまたゆっくり考えますが、たぶん夏から秋の連休を狙って日程設定するだろうと思います。

ではでは、改めて皆さま方に感謝して、発表会終了のご報告とさせていただきます。ありがとうございました。o(_ _)o
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-28 10:10 | あれこれ連絡 (発表会など)

クラリネット・アンサンブル・クライネ・ベーラー 演奏会

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

第3回 クラリネット・アンサンブル・クライネ・ベーラー 演奏会
 新 暁子 岡崎靖恵 酒井舞子 寺岡陽子 中尾さくら 中平沙希
2009年7月18日(土)午後2時開演(1時半開場) 宝塚ベガ・ホール
一般2000円 / 高校生以下1000円(当日各500円増)(演奏会案内

モーツァルト:「魔笛」より / シュラルク:セレナーデ / トマジ:四重奏曲
フランセ:小四重奏曲 / モーツァルト:セレナーデハ短調     ・・・他

出張レッスン先での同僚、クラリネットのさくら先生が参加しておられる、クラリネット・アンサンブルの演奏会です。

クラリネット属の楽器ばかりのアンサンブルは、深みのある音の重なりがなんとも暖かく、心地よい響きです。フルート・オーケストラ(ピッコロ〜コントラバスフルート)もなかなか趣きのある響きですが、クラリネット属のアンサンブルは、より色合いに深みがあるように感じました。ちょっと悔しいような気もしますが、楽器の特性ですね。

プログラムに並んだ曲目も、耳なじみのあるモーツァルトからお洒落なフランス近代ものまでバラエティに富んでいて、とても楽しみです♪ ちなみに会場も、れんが造りでとても響きのいいホールですヨ。
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-27 23:00 | 演奏会などのご案内

霧島国際音楽祭 エミリー・バイノンの出演情報

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

霧島国際音楽祭まで一ヶ月ちょっとです。エミリーは4つの演奏会に出演予定♪

室内楽シリーズ II 「管楽器を聴こう!」
8月1日(土)18:30開演 みやまコンセール

ハッピー・バースデー コンサート 8月2日(日)15:30開演
みやまコンセール(終了後ビュッフェバーティーあり/要申し込み)
 エミリーがフルートで奏でるベートーベンのソナタ「春」が楽しみです♪

キリシマ祝祭管弦楽団公演 8月7日(金)19:00開演 チラシ
鹿児島宝山ホール オーケストラのメンバーとして出演

ファイナル・コンサート 8月9日(日)14:00開演 みやまコンセール
 オーケストラのメンバーとして出演

会場リンク:みやまコンセール / 鹿児島宝山ホール

マスタークラス受講生の募集は5月15日で閉め切っていますが、キャンセルがあって、まだ応募の余地があるとのこと。奨学金制度もありますので、興味がある方は、今からでも問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

以前の霧島音楽祭の記事はこちら

[PR]

by akirako-hime | 2009-06-24 08:33 | 演奏会などのご案内

打ち上げは「F」

27日の発表会の打ち上げは、その日の5時半から2時間ほど、阪急六甲駅の近くのアットホームでこじんまりとした「ピザハウスF」でします。ちょっぴり職人気質風な年配のママさんも気さくな方とお見受けしました。

基本会費は2千円です。バイキング形式のお料理(スパゲッティ、フライ、野菜サラダ、グラタン、ピザ、あたりかな)と、乾杯用の1ドリンク(ビールかワインかソフトドリンク)が含まれます。

これ以上の飲み物は、各自でその場で払って買ってください。メニューを見せてもらってきましたが、なかなかリーズナブルです。

出演者のご家族やお友だちのご参加も歓迎! ただし25人ほども入ったら一杯なので、早めにお知らせください。ママさん的には20人くらい以上の方がうれしいみたいです (^O^)/

神戸大学の近くですから、お客さんもバイトの人も神大生が多いのだとか。その昔、まだ学生だった落語家の桂吉弥さんもバイトに来ていたのだそうです。とってもピザが好きだったみたい。

先日は吉弥さんのお誘いで、ママさんも一緒にNHKに出演されたそうです。壁にはそのときの記事が貼ってありました。吉弥さんのブログにも、そのときのことが書かれています。今でもママさんのお店のファンなんですね。

落語好きな私としては、これは何よりの保証でございますヨ(根拠なし ‥ 笑)。というわけで、何はともあれ、楽しみましょう!
以上でした〜☆"

[PR]

by akirako-hime | 2009-06-19 21:15 | あれこれ連絡 (発表会など)

発表会の当日☆

当日は10時半から、本番どおりの演奏順にて、リハーサルを行います。ご自分の順番に間に合うように来てくださればOKですが、少し早めにスタンバイしてください。音の響きを確認するためという感覚で、次々と流します。1時45分の開場に向けて、スムーズな進行にご協力をお願いします。o(_ _)o

今回は、出演者も客席から直接ステージに出て行って、演奏が終わったらまた客席に戻る、というスタイルにしてみます。

服装は自由です。ばっちりタキシードやドレスで決めるなり、あえてカジュアルにするなり、お好きにしてください。着替えは「女性:控室/男性:キッチン」です。この2カ所はまた、貴重品以外の大きな荷物の置き場としても使ってください。(参考:会場見取図

貴重品は、自分が演奏するときには他の出演者に見てもらうなど、各自で管理してください。

1時半までは、地階のホール以外の場所で好きに音出ししていただいてかまいません。1時半以降、控室とキッチンは着替えをする人のために空けてください。

あと1週間ですね。皆さん、本番に向けて体調管理にお気をつけください。

以上でした〜☆"

[PR]

by akirako-hime | 2009-06-19 21:02 | あれこれ連絡 (発表会など)

ラフマニノフの手はデカかった

お笑いネタが続きますが・・。前回もご紹介したクラシック音楽お笑いコンビ、イグデスマン&ジューの作品。かなり笑えます♪

Rachmaninov had big Hands ラフマニノフの手はデカかった

実はこれ、別の音楽コメディアン、レイナー・ハーシュが、「このネタは私が思いついたんだ! 私のショーからパクったんじゃないか!」とクレームをつけたという曰く付き。こちらはこちらで、1996年にテレビ放送されたビデオをアップしています。

Rachmaninov had big hands - the routine they ripped off
ラフマニノフの手はデカかった - ヤツらがパクったネタ


ビデオの最後に抗議文付きです。「ジュー(コンビの一人)は、アイヴスのコンコードソナタからヒントを得たネタだと言っているが、ジューが2000年に私のショーを観に来たのは目撃されている。私たちのことをバカだとでも思っているのか」と、厳しいお怒り。

ちなみにアイヴスはアメリカの作曲家(1874-1954)で、コンコードソナタには板を使って、いくつかの鍵盤を同時に押す箇所があるそうです。

それに対してまたイグデスマン&ジューが、自分たちのサイトに返事文を掲載しました。この返事文は今はもう消されているようですが、ここには「自分たちがネタを得た元」のリストを出した上に、「ハーシュが自分を世界で唯一の音楽コメディアンだと主張しているのは興味深い」と皮肉って、世界の「クラシック音楽とコメディをうまく結びつけた人々」の名前を羅列しました。モーツァルトやグレン・グールドも入っていましたよ♪

いやはや、この騒動自体がいささかコメディですな。(^o^;
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-17 09:26 | 笛吹きっぽいひとりごと

リモコンはどこだ?

ヴァイオリンの鬼才、ギドン・クレーメルと、人気絶頂のクラシック音楽お笑いコンビ、イグデスマン&ジューが繰り広げるショー♪をお楽しみください。

Where is the Remote Control? リモコンはどこだ?

オーケストラは、クレーメルがバルト三国の若手奏者を集めて設立したという、クレメラータ・バルティカです。

お友だちのブログからのパクリネタでした〜。 (^-^ゞ

[PR]

by akirako-hime | 2009-06-14 07:10 | 笛吹きっぽいひとりごと

ちょっとした勘違い。\(^O^)/

よそさまで見つけた英語実話ネタ。

いきなりですが、「インポ」を「インポッシブル」の略だと思い込んで人がいたらしい。投稿者の「当たってなくもない」とのコメントに微苦笑!

学校の先生が授業で「Many people (たくさんの人々)」と言ったのを、「たくさんの救急車」と思った中学生がいたらしい。確かに「people」は発音によっては「ピーポー」に聞こえますが・・・ (^o^;

こちらは、英語の仕事仲間から聞いた実話。

「cucumber (キューカンバー/胡瓜)」を、九官鳥のことだと思い込んでいた人がいたそうな。「キュウカン・バード」・・なぁるほど! \(^0^)/
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-10 07:43 | ちょっぴり英語

メトロノームとデュオ♪

新しくレッスンに来られる生徒さんに、これは揃えてくださいね、とお願いするものは、譜面台とメトロノームです。譜面台は姿勢正しく練習するため。中級になってくるとチューナーもですが、まずはメトロノーム。

安定した速度で正確に吹けるようにするのは、基本中の基本です。文明の利器たるメトロノームを活用しない手はありません。「安定した速度」とは、「一定のテンポ」のことで、「速いテンポ」ではありません。コントロールの追いつくテンポ、すなわち音や指、アーティキュレーションに気をつけながら吹けるテンポのことです。

「メトロノームに合わせると吹けなくなる」という方は、そのテンポが速すぎませんか? 楽譜に書いてあるテンポは仕上げテンポであって、練習テンポではありません。ややこしい曲なら倍でも3倍でも、吹ける遅さにすればいいのです。

ほんの何人かですが、「メトロノームは非音楽的」とのたまう方にも出会ったことがあります。ふむ。言っちゃいますが、メトロノームにさえ合わせられない人ほど、そういうことを言うようです。「好きに不正確に吹く=音楽的」は、大きな勘違いもいいところ。楽譜に込められた作曲家のメッセージはズダズダです。

フルートの醍醐味の一つは、他の人と音を合わせることにありますが、メトロノームの出すバカの一つ覚えのような正確なテンポでさえ吹けなくて、生身の人間相手に合わせられますか? 全面的に「合わせてもらう」なら別ですが。

使い方も問題です。単にメトロノームを鳴らしていても、合わせていなければただの雑音、使っていることにはなりません。または、仕上げ近くにはじめてメトロノームを使う方もあるようですが、これでは逆です。まずメトロノームできっちりしっかりさらって、仕上げにこそメトロノームを外すのです。ステージにメトロノームを持って出る人はいないでしょう?

ちょっと抽象的ですが、こんな感覚はいかがでしょうか。自分だけが一方的にメトロノームに合わせるのではなく、メトロノームも自分に合わせてくれている、デュエットをしているかのような感覚にするのです。そのためにはまず、メトロノームが出すテンポをしばらく聞いて、自分の中に取り込もうとしてみてください。そしてテンポに乗って吹いてみます。けっこう楽しいですよ♪
[PR]

by akirako-hime | 2009-06-08 14:39 | 練習のヒントになるかな〜