<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一年目の手紙

あきら子さんの恋人からお手紙が届きました。

今日で付き合って1年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。おれにしては珍しい試みだけど。

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、あきら子って「安い下着屋みつけた!」とか言うと必ず次に会うときかゆそうだよな…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか…。この話はナシ(笑)。

この前、結構激しい喧嘩になったよね…。会話の流れで、あきら子が「好きな人できたら別れていいからね」って言ったんだよな、おれに。それでおれが怒った。
あきら子は、別れても自由が手に入るし、おれの代わりもたくさんいるって思ってるよね。あきら子は何気にモテるし。その余裕というか突き放したところが、おれからするとイラっとするんだと思う。おれのことはどうでもよさそうというか…。

あきら子ってさ、単に自由人で何も考えていないのか、おれから逃げようとしてるのか、いまいち掴めないよね。楽しそうに生きてるけど、おれがいるかいないかはあまり関係がない気がする。…とかうじうじ言ってるから面倒くさいのか。
冷たい感じはしないし、あきら子って男からすると人気があるのは分かるんだよね。でもいざ付き合ってみると、雲みたいにフワフワとしていて、いつ消えてしまってもおかしくないとも思う。今は、付き合っている感じがしなくて、遠い。

あー、おれってほんと悪い方向にばっかり話を進めるなぁ。
記念日だしもっと前向きなことを書くようにするよ。話を変えよう。

いろいろと書いたけど、これでも、おれはあきら子のことを好きだし感謝しているんだよ。
あきら子はなんとなく人に騙されそうだし危ういところはあるけど、おれとは違ってみんなのことが大好きっていう感じがにじみ出ているし、憎まれない人柄だと思う。そういうところをおれも好きになったし、この一年間は、おれが支えているようで気付かないうちに支えられてきたと思う。

あきら子が言っていた「一日一日を大切にして、結果としてずっと一緒にいられるといいね」ってセリフをおれは今でも大事に心に留めているから、おれも初心をそのままにこれからも一緒にいようと思う。あきら子の気持ちがあのときのままだと嬉しいんだけどな。

これからも決して平坦ではないと思うけど、お互いを信じて乗り越えていこう。あ、それと、寝てる間におれのすね毛を剃るのはやめてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。あきら子がいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.あきら子ってヒール履くより竹馬に乗ったほうが安定してるよね。

解説とコメントは、こちら・・きゃは! 

[PR]

by akirako-hime | 2009-04-30 14:08 | 音楽無縁的独白

ジャンバラヤ!

やっと編曲ができました♪ フルート4本のためのジャンバラヤ! \(^O^)/

編曲と言っても、大学で履修した音楽理論や楽曲分析、チロッとだけ習いに行ったジャズ理論を頼りに、基本的にはパソコン上やピアノで音を鳴らして聴きながら、うん、大丈夫そうかな〜、という程度なんですけどね。

ジャンバラヤは、中学生のころかな、ラジオでカッコいいフルートのアドリブを聴いて、「いつか吹きたい!」と思った曲です。それを今回、そうだ!生徒さんたちのアンサンブル用に編曲してみよう!と思い立ったのでした。メンバーの生徒さんたちもOKと言ってくださいましたので... ♪

今回は、ポピュラーフルート教本と、カーペンターズの曲集を参考にしました。まずは譜面から拾った音を基本に置きます。ここに、メロディーとコードネームを頼りに、伴奏のリズムや和音を変えたり、対旋律を加えてみたり、3オクターブというフルートの狭い音域で何とかサマになるように工夫しました。

「あの人ならこの程度は吹けるだろう」とか、「これは無理かなー」とか、具体的にメンバーの腕前も考えますから、あまり自由には作れません。でもそれがまた楽しいのです。(^-^)v

知らなかったのですが、ジャンバラヤにはコードが2種類しかないんですね。Gメジャーの曲で、GとDしか使われていません。ツーコード、と言うそうです。そんなシンプルなコード進行なのに、こんなにご機嫌な曲ができるなんて!

もう一つ知らなかったのですが、ジャンバラヤってそもそも料理名なんですね。メキシコ風ピラフ。お米と野菜、肉などをごった煮風に炊き込んだお料理で、スペインのパエリヤの変形版とか。美味しそうです♪

ではでは、ご機嫌な曲をご機嫌に吹いていただけることを祈りつつ、皆さんに楽譜をお渡ししなくっちゃ♪
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-29 15:01 | 練習のヒントになるかな〜

エミリー・バイノン @ 霧島国際音楽祭

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

第30回霧島国際音楽祭 演奏会 & マスタークラス(一般聴講可)
2009年7月24日(金)~8月9日(日)
鹿児島県霧島市を中心に、霧島国際音楽ホール、および近隣地域。
フルート科教授: エミリー・バイノン(ロイヤル・コンセルトヘボウ首席)

ただいまマスタークラスの受講生を募集中です。これはフルート専攻の学生や卒業生、受験生、または同レベル以上の方々が対象で、録音によるオーディションがあります。締切は5月15日(必着)。奨学金制度あり。各クラスには専属のピアニストと通訳が付きます。

エミリーは感性豊かな知性派タイプ、そして彼女のレッスンはとっても情熱的♪です。ただし、むやみに元気!というのではなく、共鳴度と密度が高い・・という表現は可能でしょうか。プラス方向のエネルギーがたっぷりです。

基礎はもちろん、理論的な裏付けにも重点を置いた上で、音楽を追究する正統派ですが、さらにいつも感銘を受けるのは、一人一人の受講生の問題点を見きわめよう、一緒に解決策を探して行こうとする姿勢です。

マスタークラスのレッスンは7月27日からですが、エミリーは今年、オランダで若い人々のための講習会をするために、少しだけ遅れて、28日に霧島入りします。

その間、彼女自身の発案で、フルートクラスの受講生はヴァイオリンの先生の指導を受けられることになりました。フルートではファイオリンの曲を演奏することが多いのですが、ヴァイオリンではどう演奏するのか、実地で学べる機会はとても少ないので、これは貴重な体験になるでしょう。

彼女自身も演奏会でベートーベンのヴァイオリンソナタ「春」をフルートで演奏します。これはCDでも出しているレパートリーです。楽しみ!!

霧島国際音楽祭では、もちろん演奏会も次々と開かれますし、マスタークラスも基本的に一般公開で、当日の申し込みで聴講可能なので、一般の方にも「音楽三昧」のチャンスです。演奏会のチケット一般販売は5月10日開始です。

そして霧島は、自然の名所はもちろん、日本神話に登場する神々にまつわる神宮や神社も多い温泉地です。演奏会やレッスンの聴講を楽しみ、名所を巡り、温泉や土地の焼酎にトップリと浸る・・。そんな数日間の夏休みはいかがですか?

エミリー・バイノン出演情報
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-25 18:54 | 演奏会などのご案内

エミリー・バイノンのウェブサイト

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者を務める、エミリー・バイノンのウェブサイトが、先ごろリニューアルされました。

前のバージョンのトップの写真も魅力的でしたが、今回のカジュアルな写真もステキ! エミリーの手書き文字が、各ページへのクリックボタンになっていて、フレンドリーな雰囲気です。

日本語ページを見るには、左側の「Japanese Page」をクリックしてください。ちなみにこのクリックボタンも、手書きの日本語で「日本語 Page」にしようよと提案してみましたが、実現するでしょうか? (^O^)/

エミリーとは、英国王立音楽院のベネットクラスで1年を共にした、同門の関係です。当時は特に親しくもありませんでしたが、その後だいぶ経ってから再会、メールのやりとりがはじまりました。彼女が霧島音楽祭の教授として招聘されるようになってからは、私を通訳として指名してくれています。

読書が好きで、また私がよく英語で子どもの本を読むのを知っているので、ときどき良い本を紹介してくれます。これがけっこううれしい♪ その中で特に好きだったのは、「Life of Pi(パイの物語/マーテル)」と、「The Alchemist(アルケミスト‥夢を旅した少年/コエーリョ)」でしょうか。

ハリポタも大好きですヨ! 最後の巻が出たとき、私は「最後だから」と読み惜しんで少しずつ読みはじめ、だんだん我慢できなくなってスピードアップしてしまいました。エミリーは最初どんどん読み進み、残り少なくなると「あぁ終わってしまう!」と読み惜しんで、少しずつ読むようにしたそうです(笑)。

今年も霧島国際音楽祭では、エミリーがフルートクラスを担当します。今からとても楽しみです♪
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-20 11:51 | 演奏会などのご案内

美少年悲話

私は美少年のファンです。実物美少年ではありません、日本酒美少年です。

甘いのにスッキリした程よいコクが好みなのでございます。片方の祖父母が熊本出身なので、熊本に思い入れが強いせいもありました。「熊本の美少年」という響きがちょっと素敵‥♪ と感じたせいもありました。

また、もうずいぶん前に亡くなった人ですが、父が親しくしていた「阿蘇の破天荒な職人さん」が「美少年しか飲まなかった」という逸話も、我が家では伝説的に伝えられておりました。

美少年がネット通販で買えると知ってからは、年数回、取り寄せていたのです。純米酒と、冬場はにごり酒も・・・♪

昨秋の事故米事件では、美少年にもいくつか「事故米製品」がありました。「カビの混じった事故米で作っていた」と言われたら、確かにギョッとしますが、幸い私が買う種類は含まれていなかったので、その後も2回ほど注文しています。

いや、美味しかったですよ、ほんと。今回の裏金事件にガクッとはしましたが、「等級の低いお米で作っていた」とだけ言われたら、お米の等級基準がどうなっているのか知りませんが、単純に「でも美味しかったよ」という気分です。

事件が発覚したとたんにお酒の味が落ちるわけでもないし、好きな味は確保しておきたいのが人情。せめて今ある分を買いだめたかったのですが、美少年のサイトはお詫び一色です(当然か!)。販売はしていないのでしょうか..。

残ったお酒はどうなったんでしょう? 全国新酒鑑評会でも入賞常連の美少年、ファンも少なくなかったと思います。報道が本当なら、裏金は社長だけの判断でしたこととか。なら、副社長以下、同じ杜氏さん、蔵人さんたちで、美少年を造り続けて欲しいなぁ〜。
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-19 07:23 | 音楽無縁的独白

うるさいんですけど!

先日の正午過ぎ、自動販売機でお茶を買ったら、自販機がしゃべった。しかも機械的なのに、妙に明るい尻上がりの口調で・・。

 ありがとうございました! 午後からもがんばってください \(^O^)/

思わず「オマエさんに言われたくない!」と突っ込んでしまったのは、きっと疲れていたからでしょう。私の根性がねじくれているからかもという可能性は・・考えずにおきます! \(^O^)/
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-17 08:07 | 音楽無縁的独白

ピアノ合わせ

ピアノをこちらでお願いするピアニストに弾いてもらう皆さまへ。

ピアノ伴奏譜をまだいただいていない方は、今月中にあきら子姫までお送りください。製本についてはこちらを参照のこと。楽譜のタイトルの横にお名前を書いてください。

また、そろそろピアノ合わせの日程を組みますので、メールでお送りした候補日について、予定をお知らせください。

ピアノ合わせは、事前に1回、当日に1回の、計2回です。

以上でした〜☆"

[PR]

by akirako-hime | 2009-04-16 16:19 | あれこれ連絡 (発表会など)

一段落♪ 世間は春です!

世の中は新年度ですね。私もコンクールの直後から、新学期の段取りやその他あれこれの用事でバタバタしましたが、ようやくメドが立ちました。ホッ♪

今回の神戸国際フルートコンクールのお仕事は、諸事それなりにスムーズに運んだこともあり、「楽しい想い出」になりそうです。私のポジションは審査の中枢に関わるところでしたので、いささか疲れたのも事実ですが、やりがいがあったのみならず、世界フルート界をリードする先生方と身近に接し、素顔を拝見し、とても密度の高いひとときでした。

さすがにこんなコンクールの審査員として招聘されるような先生方は、意識の持ちようが高いと感じます。お人柄は人それぞれ、冗談三昧、お茶目だったり、お振る舞いがかなり自由(過ぎ?)だったりするのですが、すべきことをする、決めるべきところを決める、そのあたりの姿勢に要らぬ妥協がありません。

真似は叶わずとも、考え方の方向として、感化されたいですね!

二足草蛙の私は近年、英語の仕事が増えるにつれ、笛の練習量が減っているのですが、つくづく思うに、怖いのは腕が落ちることではなく、考え方のレベルが下がることです。

例えば「レベル3〜5」でできることでも、「レベル3〜5」しか念頭になくてするのと、「レベル9〜10」の有りようを知った上でこなすのとでは、何かが違って来るように思うのです・・。

そして、演奏! 各予選や本選の結果については、これはもうコンクールですから、通る人あり、落ちる人あり、その差もほとんど「運」と言ってもいい微妙なものでしょう。結果の当てっこも一興ですが、それとは別の捉え方として、自分の感性で「音色が好き!」とか「フレージングが自然できれい」などと思う瞬間があったなら、それこそが何よりの収穫ではないでしょうか。

私も特に印象に残る演奏がいくつかありました。あんなふうにはとてもとても吹けないけれど、あぁいいなぁ!と思った感覚は、大切に温めたいと思います。

しかし・・! あれだけのイベントを準備運営するのは、本当に大変! お世話になった事務局の皆さんへ、心からの称賛と謝辞を送ります。そして、いろいろとサポートしてくれた通訳スタッフ仲間にも、とっても謝謝♪

ともかく終了♪ お疲れさまでした〜! \(^O^)/
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-14 09:37 | 笛吹きっぽいひとりごと

超高速 〜 フィガロの結婚序曲

神戸国際フルートコンクールの審査員コンサート、アンコールの「フィガロの結婚序曲」の楽譜は、実は私のものでした♪

遊びでアンサンブルをしたら楽しそう、というご希望に、私が手持ちの中から適当に選んで持って行った一つが「フィガロの結婚」で、それがそのまま演奏会のアンコールで使われたのです。

返ってきた楽譜を見ると、むふふ♪ 少しですが、先生方の鉛筆の書き込みがありました。スラーとか、デクレッシェンドのマークとか、印刷の「crescendo」が丸で囲んであったり。「きゃ−! ○○○さんの書き込みだぁ!」と思うと、柄にもなくミーハー気分が満たされてしまいます(笑)。

一番多いのは、ブレスマークですね。いかにも「ここからしばらく息を取れません」っぽいところの直前の休符の上に、「 V V 」と二つ並べて書いてあるのを見ると、なるほど、これがこの方の「たっぷり吸いましょうマーク」なんだ、と妙に感動したりします。

原則、アンサンブルの原譜は書き込みなしで保存することにしていますが、このフィガロの書き込みは、消すことなく置いておくんだろうなー。実はよほど、楽譜にサインしてください・・なんちゃって言ってみたかったのですが、さすがに通訳スタッフとしての立場から、控えました。でもやっぱり、お願いすればよかったかなぁ..。

しかし! 速かったですね。練習でどんどんテンポが速くなるのを聞いて、どうなるの?と思っていたら、いざ本番、はじまった瞬間、舞台裏にいた私は思わず「ハヤッ!!」とつぶやいてしまいましたよ。

最初、少し乗り遅れもあったようですが、難なく追いつき、その後は超高速のまま突っ走り、タンギングの鮮やかさは言うに及ばず、かなりヤヤコしいフィンガリングも随所にあるはずなのに、たった2日の練習でどうしてこうなるの???という完璧さ。

いやぁ〜・・、恐れ入り奉りました!
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-10 08:19 | 笛吹きっぽいひとりごと

神戸国際フルートコンクール ちょっぴり結果考

コンクールも終了、結果も出ました。巷では「意外」という声が多いようです。そうでしょうね(笑)。第一位に輝いたのは19歳のオーストリアのお嬢さん。ほとんどの人がノーマークだったと思います。

事前の下馬評で優勝候補の筆頭だった一人、ロイク・シュネイデルが2位とオーケストラ賞を受賞、もう一人のデニス・ブリアコフは、3位とオーディエンス賞(3次予選にて観客の投票にて決定)でした。

昨秋のランパルコンクール一位の日本人、上野星矢は本選進出ならず、同じランパルコンクールのファイナリストのメーガン・エミは4位でした。エミはモーツァルトの第1楽章で、かなり致命傷とも言える指ミスをしたので、それでも4位に選ばれたというのは、むしろ何かを示したと言えるのかも知れません。

シュネイデルとブリアコフは、すでに大きなコンクールでの受賞歴もあるし、国際的なプロとして活躍もしていますから、きっと一位を目指していたことでしょうね。日本にもファンがいますから、たぶん結果には不満の声が上がっていることでしょう..。

私もこの結果は予想外でしたが、本選でのコッホのモーツァルトは伸びやかで、好感の持てる演奏でした。個人的には、審査委員会の出した結果は、さすが!と言うべきものだったと思います。その一方でチラリと思うに、もし予選と本選の課題曲が入れ替わっていたら、順位は違っていたかも知れませんね・・。

モーツァルトは怖い曲です。華々しい技術や音を見せるような箇所はなく、でもかっちりした基礎力は試され、特にどこがどうという訳ではないのに、演奏の裏付けとなる解釈や、ある種のエレガンスの有無、テンポ感の良し悪しなどが、てきめんに見えてしまいます。

またもう一つ、コッホについては一次予選から、とても印象に残っていることがあります。このお嬢さんは実に明るい笑顔で、まるで演奏するのが待ちきれないかのように舞台に出て来て、演奏が終わるとまた、「あぁ楽しかった!なんて嬉しいんでしょう!!」と言わんばかりの笑顔を見せるのです。この素直さと、おそらくは欲もほとんどなくて臨んだ姿勢が、今回の結果につながったのかもしれません。

いずれにせよ、若い爽やかな新人の登場です。応援しようではありませんか。優勝者の賞の一環である来年の再来日も、とても楽しみです♪
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-07 21:50 | 笛吹きっぽいひとりごと