カテゴリ:演奏会などのご案内( 158 )

オランダ・フルートアカデミー ご支援のお願い

オランダ・フルートアカデミー(Neflac: Netherlands Flute Academy)
ご支援のお願い 〜 クラウドファンディング募金活動

オランダ・フルートアカデミーでは、発足5周年を記念して、来る11月9日、オランダのチボリフレデンブルグ音楽ホールにて、メガ・コンサートを催すことになりました。この計画の実現に向けて皆さまのお力添えをいただきたく、オランダの募金ウェブサイトにてクラウドファンディング活動をスタートいたしました。

このウェブサイトはオランダ語のみですが、私たちはオランダ以外の皆さまにもぜひぜひご支援いただきたいと考えておりますので、英語要約を作りました。(訳者注:それを日本語にしました)

2分ほどの短いメッセージ動画を載せています(オランダ語)。ビデオをご覧になるには、写真をクリックしてください。英語訳はこのページの最後に出してあります。

10ユーロ以上のご寄付をいただいた皆さまには、素敵なサプライズをご準備しました。

€ 10:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。
€ 25:上記+「Neflac 5th anniversary(5周年記念)」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。フルートや眼鏡、コンピューターのスクリーンのお手入れにお使いください。
€ 50:上記のすべて+2015年サマーアカデミーにおけるエミリー・バイノンのマスタークラスの一つにご参加いただけます。
€ 100:上記のすべて+エミリー・バイノンのCD
€ 150:上記のすべて+5周年記念コンサートのチケットを1枚進呈
€ 200:上記のすべて+5周年記念コンサートのチケットを2枚進呈
€ 250:上記のすべて+ネフラック2015の「フレンド」資格を進呈。「フレンド」の特権はネフラックのウェブサイトでご覧ください。€ 50増えるごとに記念コンサートのチケットをさらに1枚ずつ進呈します。
€ 500:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのフルートとギター(または他の楽器)でのデュオコンサート。
€ 1000:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのネフラック・アンサンブルによるコンサート。
€ 2500:大きな感謝の気持ちを示すとともに、お名前もしくはロゴマークをウェブサイトの「ありがとう壁紙」に入れさせていただきます。+フルートや眼鏡、コンピュータースクリーン用の「Neflac 5th anniversary」ロゴ入りマイクロファイバークロスをプレゼント。+あなたのお宅でのエミリー・バイノンによるコンサート。

ご寄付は、ペイパルでお払いいただくか、もしくは下記までご送金ください。
Triodos Bank, Zeist
IBAN: NL86 TRIO 0786 8953 73
BIC: TRIONL2U
Reference: your name
お送りいたただいた金額は必ずクラウドファンディングに入金いたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
c0191959_11452148.png訳者注:ペイパルで払い込むには、このNeflacのクラウドファンディング募金活動ページの中程にある、右のような画像をクリックしてください。募金サイトに飛びます。まず金額を入力して、「Country」欄で「Japan」を選ぶと、サイトが日本語表示になってくれます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

<中略:訳者注:オランダ語のみのウェブサイト経由での払い込みの説明は省略します>

ご質問がありましたら、私どもまでご連絡ください(info@neflac.nl)。

THANK YOU!!
<この記事は、Neflac募金活動のサイトの拙訳です>


[PR]

by akirako-hime | 2014-10-08 11:52 | 演奏会などのご案内

オランダ・フルートアカデミー 5周年記念メガ・コンサート

オランダ・フルートアカデミーが、5周年を記念して、11月9日(日)、オランダはユトレヒトにあるチボリフレデンブルグ音楽ホールにて、500人規模のメガ・コンサートを企画しています。

若い方も、年配の方も、初心者もプロもアマチュアも、フルートを演奏する方ならどなたでも参加できるとのこと。オランダもしくは近辺におられる皆さま、参加されていはいがかでしょう?

ネフラックのために書かれた「Eternal Winds (永遠の風)」は世界初演、指揮は作曲者、ウィル・オファーマン氏 (Wil Offermans) がされるそうです。音楽ゲストは、ソプラノ歌手のロベルタ・アレクサンダー (Roberta Alexander)、テイス・ヴァン・レール (Thijs van Leer)、レベル・オブ・リズム(リズムの反逆者)のニールス・ファン・ホールン (Niels van Hoorn)、そしてネフラックの音楽監督であるエミリー・バイノン本人も、コンセルトヘボウ管弦楽団のフルートパート全員と共に演奏するとのこと。

詳しくはこちらをご覧ください。

<Neflacのサイトと、エミリーのFacebookへの公開投稿文を参考にしています>

[PR]

by akirako-hime | 2014-10-08 10:51 | 演奏会などのご案内

陸上自衛隊中部方面隊 第46回定期演奏会

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪
陸上自衛隊 中部方面隊 第46回定期演奏会
6月8日(日)14:00~16:00
兵庫県立芸術文化センター(KOBELCO大ホール)

 ルイ・ブルジョアの賛美歌による変奏曲
 組曲「護り人」~防人たちへの想い(委嘱作品)
 アルメニアン・ダンス(全曲)
 2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より 他

入場無料(要整理券)応募締切:5月8日
申し込みはEメール、または葉書にて。

久しぶりに吹奏楽を聴きに行ってみようかな〜。抽選で外れるかもしれませんが。いつもけっこう人気だそうです!

本気でプロを志すようになった頃から、吹奏楽よりもオーケストラや小編成アンサンブルに惹かれるようになりましたが、やっぱり中高時代あれだけハマった吹奏楽には今でも思い入れがあります。なんと言いますか、「青春」を思い起こさせますな。
[PR]

by akirako-hime | 2014-05-04 20:42 | 演奏会などのご案内

オランダ・フルート・アカデミー

引き続いてもう一つ、例年ご紹介しているヨーロッパでの夏のフルート・コースのご案内です。今年でもう5回目?6回目? ずいぶんと充実してきて、参加できるかどうかの選考も行われるようになったようです。

サマーアカデミー 〜 オランダ・フルート・アカデミー(NeFlAc)
日時:7月20日(日)〜27日(日)
フルート講師:エミリー・バイノン、ヴィーケ・カルステン、ジェローン・ブロン
ピアニスト:アンドリュー・ウェスト
場所:Landgoed Rhederoord(美しいカントリーハウス形式のホテル)

フルートのクラスはもちろん、舞台プレゼンテーション、ジャズと即興、姿勢など、いろいろなクラスが企画されています。また締めくくりは、アムステルダムのコンセルトヘボウ・リサイタルホールでの演奏会。わぁお!

日本人が受講生として参加できるのは「YIP:ヤング・インターナショナル・プロフェッショナル・クラス」と名付けられたカテゴリーです。30歳までの音楽コースを終えたか、ほぼ終了したフルーティストが対象で、国籍を問いません。

申込の締切は4月30日。詳しくは「Summer Academy」のサイトをどうぞ。
[PR]

by akirako-hime | 2014-04-20 14:33 | 演奏会などのご案内

第35回 霧島国際音楽祭 マスタークラス

すっかり更新をさぼっているブログです。いけませんね〜。久しぶりの今日は、第35回霧島国際音楽祭マスタークラスの受講生募集のお知らせです。

マスタークラス日程  (募集要項 - pdfファイル)
7月20日(日)~8月3日(日)(弦楽器、ピアノ、フルート、室内楽)
7月25日(金)~8月3日(日)(トランペット、ホルン)
7月27日(日)~8月3日(日)(指揮)
受講希望者の申し込み:5月9日(必着)

今年のフルート科教授は、ポール・エドモンド=デイヴィス氏で、2010年、2012年に続いて3回目の招聘です。2010年のときの彼の肩書きはフィルハーモニア管弦楽団の首席奏者で、2012年はイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO Orchestra)の首席奏者でしたが、今回のプロフィールは、こうなっていますヨ。

元イングリッシュ・ナショナル・オペラ、フィルハーモニア管弦楽団、ロンドン交響楽団首席奏者。
英国王立音楽院教授。
現在、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団、イギリス室内管弦楽団首席奏者。

今は基本的にフリーランスで、「現在」の欄に並んでいる三つのオーケストラでは、頻繁に首席奏者として演奏している様子です(いわゆる常トラ…かな)。海外ツアーも多いようで、この間はロンドン・フィルハーモニーの演奏旅行で、記録的な大雪の最中のニューヨークに行っていたのだそうな。

オーケストラでの演奏活動以外にもやりたいことがたくさんあって、その時間が欲しいと前から言っていましたから、いよいよフリーになったと知ったときも、あまり驚きませんでした。しかし、フリーランスでの活動範囲の桁が……(^^; 違いますよね〜。「インターナショナル・フリーランサ〜」とでも言うべきでしょうか。いやいや、存分に人生を謳歌しておられるようで、霧島のレッスンではまたいろんな話が出て来ることでしょう。とても楽しみです。

英国王立音楽院の教授は続けておられます。そう言えば、最近仕事で一緒だったイギリス人から、英国王立音楽院が改築されたと聞きました。外側は変わっていないけれど、内部がずいぶん近代化されたのだとか。そんな話も聞いてみたいな。私が通っていた頃はとにかく古くて、特に古色蒼然としたエレベーター(向こうではリフトと呼びます)にはビックリしたものです。

さてさて、何はともあれ、うれしい再会、新たな出会いを楽しみにしています。はい、今年もありがたいことに、通訳を務めさせていただくことになりました。\(^0^)/
[PR]

by akirako-hime | 2014-04-14 12:43 | 演奏会などのご案内

アンサンブル演奏会 < 中部方面音楽隊

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪
中部方面音楽隊アンサンブル演奏会
2月14日(金)  宝塚ベガ・ホール
昼の部:14時 (要整理券)
夜の部:18時 (かなり余裕があるので行けば入れるとのこと ... ちょいと情報)

c0191959_10211781.jpg陸上自衛隊中部方面音楽隊のアンサンブル演奏会のご案内です。2回公演ですが、晩の部の宣伝ができていなくて、晩は「がら空き」が予想されるのだそうな。というわけで、昼の部は整理券が必要ですが、晩は行けば入れるし、来てください〜とのこと(内部情報)。
チラシはクリックすると拡大します。

実際、初期のチラシには昼の部しか掲載されていないのですよ。私は夜の部に行く予定 いろいろ趣向をこらすグループも多いみたいで、楽しみです。

よく発表会に参加してくれるフルートの彼女は、クーラウのグランドデュオ第1番第3楽章を演奏します。実は、フルートではありませんが、ここには大学時代の同期生もいるのです。すっかり出世したらしい彼の演奏を聴くのも久しぶり こちらも楽しみです。
[PR]

by akirako-hime | 2014-02-11 10:34 | 演奏会などのご案内

ウルフ・プラッゲ ピアノリサイタル 

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪
ウルフ・プラッゲ ピアノリサイタル  → チラシ
2月14日(金)13時 神戸女学院大学 エミリー・ブラウン記念館 めじラウンジ
 * モーツァルト:ピアノソナタ K.330 ハ長調
 * デュティーユ:ピアノソナタ  * リスト:ピアノソナタ

神戸女学院大学の音楽部では、年に数回、ウィーンのモーツァルテウム音楽大学とインターネットで繋いで、ピアノレッスンをしています。その先生がこちら、プラッゲ先生です。

少し音声の伝達に時間ラグが生じますし、お互い画面の中でしか相手は見えませんから、やっぱり「その場でのレッスン」にはかないませんが、それでもかなり臨場感は高く、こんなに簡単にヨーロッパの先生のレッスンが受けられるなんて、時代は変わったなーと思わされます。曲によっては先生が踊り出すこともありますし、あちらの関係者がなにかの用事で部屋に入ってきて、モーツァルテウムの生活の一端を覗いたような気分になったり、いろいろ楽しいですしね。

時差は冬だと8時間、オーストリアが朝9時で、日本は夕方5時になります。オーストリアが夏時間の季節は時差7時間で、あちらが朝9時で、こちらは夕方4時。レッスンが終わると先生はランチで、我々は「一日の仕事が終わって帰宅」です。

見本で弾いてくださることもしばしばですが、やっぱり魅了的! 聴くたび、生で聴きたいものだと思っていました。とても楽しみです。

今回はミニ演奏会形式で、先着50名ご招待とのこと。会場はまさに「ラウンジ」という感じのすてきな場所です。アットホームな雰囲気になるのではないでしょうか。

簡単に申し込み方法を出しておきますが、詳しくはこちらをご覧ください。

往復ハガキで「662-8505 西宮市岡田山4-1 神戸女学院大学音楽学部事務室」に申し込む。往信面に「1.氏名、2.住所、3.電話番号、4.希望人数 (2人まで)」、返信面に住所・氏名を 明記。
問い合わせ先: 0798-51-8550 (神戸女学院大学音楽学部 / 平日 9:00~18:00)
[PR]

by akirako-hime | 2014-02-09 09:56 | 演奏会などのご案内

イムレ・ローマン氏 公開レッスンと演奏会

来週の月曜日と水曜日、神戸女学院大学音楽部で、モーツァルテウム音楽院のピアノ科教授、イムレ・ローマン先生の公開レッスンが行われます。入場無料、要予約とのことなので、当日でも連絡を入れておいてください。演奏会もあります♪ 会場アクセスはこちらをご参考ください。

■ピアノ公開レッスン 11月25日(月)15時~
 神戸女学院大学音楽学部 2号館ホール 
 曲目:Schumann:Kreisleriana Op.16 1,5,6,7
    Debussy:L’Isle joyeuse

■高校生のためのピアノ公開レッスン 11月27日(水)18時~
 神戸女学院大学 音楽館ホール
 曲目:Rachmaninoff:Etudes Tableaux Op.39-9
    Chopin:Etude Op.10-10, Op.25-12
    Beethoven:Klaviersonate Op.31-2 3rd mov.
    Beethoven:KlavierSonate Op.53 “Waldstein” 1st mov.

■イムレ・ローマン ピアノリサイタル 11月29日(金)10時35分〜11時25分
 共演:山上明美、田中修二、佐々由佳里、岡田 将  神戸女学院大学 音楽館ホール
  Scarlatti : 3 sonatas  Schubert : 3 Klavierstucke D.946
  Rachmaninoff : Walz, Romance (6手連弾)

★お問い合せ:神戸女学院大学音楽学部事務室
 TEL:0798-51-8550 FAX:0798-51-8551 E-mail:music@mail.kobe-c.ac.jp

イムレ・ローマン氏(Imre Rohmann)
ハンガリー、ブダペストに生まれる。ピアノと作曲をバルトーク・コンセルヴァトワールで学ぶ。その後、リスト・アカデミーでピアノと室内楽、ウィーン音楽アカデミーで指揮法を学ぶ。リスト・バルトーク国際ピアノコンクール他、数々のコンクールで受賞。シュターツカペレ・ドレスデン、ベルリン交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団などのオーケストラと共演の他、オイゲン・ヨッフム、アンドラーシュ・シフなどの著名なアーティストと共演。1985年に妻、タンデ・クルツとピアノデュオを結成し、活動を始める。2002年以来、ブダペスト室内オーケストラの芸術監督と指揮者を務めている。リスト・アカデミー、ベルリン芸術大学に続き、1990年よりモーツァルテウム音楽大学で教鞭を取る。日本には1976年に初来日して以来、頻繁にコンサートやマスタークラスを開催。

公開レッスンでは、通訳を務めさせていただきます。しっかり先生のメッセージを伝えるべく、がんばらなくっちゃ♪

音楽部:演奏会&公開講座スケジュールページ  Imre Rohmann先生のページ
[PR]

by akirako-hime | 2013-11-23 13:42 | 演奏会などのご案内

ポコアポコ ウインドアンサンブル 定期演奏会

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

生徒さんのお一人が、吹奏楽にピッコロで賛助出演することになりました。

ポコアポコウインドアンサンブル 第16回定期演奏会
9月22日(日) 午後6時半開演(6時開場)
西宮市民会館アミティホール (入場無料) チラシはこちら♪

プログラムには「ディスコ・キッド」や「三つのジャポニズム」など、なかなかピッコロの見せ場が多い曲が並んでいます。ご本人、そろそろパニクり出しておられますが、なんとか本番に間に合いますように!

その他にも、ご機嫌な曲が並んでいて、とっても楽しめそう! お近くの方、どうぞお運びくださいませ。
[PR]

by akirako-hime | 2013-09-18 16:58 | 演奏会などのご案内

霧島国際音楽祭

何やかやにかまけているうちに、気付けばもう来週は霧島行きです。ブログの更新もすっかりさぼっていて、我ながらいけませんねぇ。音楽祭の他にも、もう少しだけ片付けなければいけない山がありますが、それが済んだら夏休み〜。またブログも更新いたします。

そして、フルートクラス(エミリー・バイノン)の通訳を担当させていただく霧島国際音楽祭は、演奏会の部がもうはじまっています。

ちなみに、エミリーの出番はと言うと……。みやまコンセールでの演奏会は、7月24日(水)音楽の散歩-1(モーツァルト:フルート四重奏曲 第1番)、7月27日(土)音楽の散歩-3(マルティヌー:六重奏曲、アーノルド:ディヴェルティメント、プーランク:六重奏曲)、8月4日(日)ファイナルコンサート(モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調)です。

鹿児島市内では、キリシマ祝祭管弦楽団の一員として、8月1日(木)、宝山ホールでの演奏会に出演します。そうそう、今年は東京公演もありますヨ。関東の方、お見逃しなく。

7月30日(火)は、フルートクラスの大イベント。エミリーが受講生たちを引き連れて「霧島アートの森」での演奏会に出張、耳馴染みのある曲から、とても不思議な現代曲まで、フルート・アンサンブルの響きをご披露いたします。

マスタークラスの部も、明日集合で、明後日からレッスン開始です。フルートクラスは、まずはヴァイオリンの松原勝也先生が、フルートで演奏されることの多いヴァイオリン曲をレッスンしてくださいます。松原先生のレッスンは毎回好評なので、私もチラッと覗けたらうれしいなぁ。そして皆さんお待ちかね、エミリーは火曜日に霧島入り、私も火曜日に合流です。

レッスンは基本的には聴講可能で、一般の方も当日の申し込みで見学することができます。
料金:1日通し1,500円 午前/午後 各1,000円(各3時間程度)→詳しくはこちら

チケットやレッスンスケジュールなど、音楽祭に関するお問い合わせ、お申し込みの先は、「チケットのお申し込み」「コンタクト」のサイトでご確認ください。 

音楽と、温泉と、焼酎にとっぷり浸る夏休みを過ごしに、数日、自然豊かな霧島にお越しになりませんか?
[PR]

by akirako-hime | 2013-07-20 09:25 | 演奏会などのご案内