モーツァルテウム音楽大学 & 神戸女学院大学 友好週間

モーツァルテウム音楽大学 & 神戸女学院大学 友好週間がスタート。ザルツブルグからロチェック先生と学生たちも無事に到着されたとのことです。

以下の催しは公開となっておりますので、どうぞお運びくださいませ。

◆ ロチェック先生公開レッスン
11月10日(月)15:00~17:00 神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール
 受講生:神戸女学院大学音楽学部生 (Pf)
 共演:Aloisia Dauer (Vn) Anuschka Cidlinsky (Vla) Mayumi Yamaguchi (Vc)

◆ 高校生のためのヴァイオリン公開レッスン(ロチェック先生)
11月11日(火)18:30~ 神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール
 受講生:近隣の音楽専攻高校生

◆ 宗教音楽の会
11月14日(金)10:35~ 神戸女学院講堂
 Brahms:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 Beethoven:セレナードより、Mozart:弦楽四重奏曲より
 出演:ロチェック教授(Vn)、モーツァルテウム学生(Vn、Vla)
    神戸女学院大学の先生方(Vn、Vc、Fl、Pf)

◆ Mozarteum & Kobe College 学生交流コンサート
11月14日(金)13:10~
 会場:神戸女学院大学音楽学部2号館 ホール
<チラシはクリックで拡大します> 
c0191959_1039596.pngPaul Roczek教授
1947年、ウィーン生まれ。ヴァイオリンをFranz SamohylとMax Rostalに学ぶ。早くから輝かしい音楽的才能を発揮し、学生時代からウィーンフィルハーモニー交響楽団のメンバーとして活躍。その後、「ウィーンゾリステン」のメンバーとして活動。国際コンクールでの数々の受賞の後、室内楽への熱い情熱を持ち、「オーストリア弦楽四重奏団」を結成。30年間に亘りその第1ヴァイオリン奏者として世界各国を演奏し、数々の録音を行う。
現在もヨーロッパ各地のコンサート、及び世界各地で活発に演奏活動を展開。数々の国際コンクールの審査員も務めている。1969年よりモーツァルテウム音楽大学で指導にあたる。その間、弦学科主任教授、学長代理等の要職を歴任、また12年間にわたりモーツァルテウム夏期国際アカデミー長を務める。近年、モーツァルテウム音楽大学・国際交流センターディレクターに任命され、世界に向けてさまざまな交換プログラムや学術交流のためのプロジェクトを発信している。

お問い合わせ先:神戸女学院大学音楽学部 0798-51-8550

いずれもとても楽しみですが、個人的に特にお勧めするのは、高校生のためのレッスンは毎年、高校生の瑞々しい演奏と姿勢に感動させられます。そしてもちろん、演奏会!

前回ロチェック先生がお越しになった一昨年の様子は、こちらからどうぞ。
[PR]

by akirako-hime | 2014-11-10 07:39 | 演奏会などのご案内