C. カンタン フルート公開マスタークラス

フルート・マスタークラス カトリーヌ・カンタン(パリ国立歌劇場管弦楽団首席)
10月31日(水) 6時(5時半開場) / ドルチェ・アーティスト・サロン大阪(地図
一般:2千円、DMC会員:1千円 / 予約:06-6377-1117、または予約受付フォームから

カトリーヌ・カンタン(Catherine Cantin)
8歳よりフルートを始める。パリ音楽院のJ.P.ランパルのクラスに入り、すぐに最初の賞を獲得。19歳の時、パリ国立オペラ座管弦楽団のスーパーソリストとなる。レパートリーはバロック音楽(木製フルート)から現代音楽(プラチナフルート、ピッコロ、アルトとバスフルート)にと幅が広い。小澤征爾監督、新日本フィルハーモニー交響楽団やNHK交響楽団との共演、アメリカ、旧ソ連、ヨーロッパ各地でソリストとしてツアーをまわる。 1999年の夏以降、オリヴィエ・メシアン・フェスティバルのコンサートやマスタークラスのために参加。J.P.ランパル国際フルートコンクールの審査員も務めている。

受講曲
タファネル:ミニヨンの主題によるファンタジー
プロコフィエフ:フルートソナタ 1&4楽章
オーケストラスタディより

フランスのフルーティストのクラス、行ってみたいなぁと大いに気をそそられます。大学院の授業が重なっているのですが、チロッと「さぼろーかなー…」なんちゃって思っていたりして(苦笑)。

最近は昔ほど「フランス派」「ドイツ系」「イギリス流」みたいなお国による違いはないように思いますが、それでもやっぱり「イギリス人だなー」とか「あぁドイツで学んだ人だ」など感じることはあります。外来の演奏家のレッスン通訳をしていると、音楽と言語を絡めたコメントも少なくはありません。単純に言語の関係で、英語を生業としている私はフランス系とはご縁が薄いのですが、フランス!確かに心引かれるエスプリがありますよね♪

カンタンの演奏会はないのだろうか?と調べてみると、Pablo音楽祭が見つかりました。11月4日(日)午後1時30分からです。しかし、伊勢だ。。。ちょっと遠いぞ……。
[PR]

by akirako-hime | 2012-10-23 07:56 | 演奏会などのご案内