中級レベルのスケールとアルペジオの1例

c0191959_17411623.jpgこの春からときどき指導に行くようになった中学校の吹奏楽部フルートパートのために、日課練習用のスケール(音階)とアルペジオ(分散和音)を作りました。

簡単バージョンですが、調号順ではなく、ハ長調、変ニ長調、ニ長調・・、すなわち主音が、ド、レ♭、レ・・と、だんだん上がって行く順にしてあります。
c0191959_17413993.jpgさがせば市販の楽譜であったのかもしれませんが、楽譜ソフトのおかげで、特に苦労もなく作れるもので。。。

著作権を言うほどのものでもないので、この手の練習の一つのパタン例として、アップしておきます。楽譜はクリックすると大きくなります。印刷するなら「設定」で縮小しないと、1ページにおさまらないかもしれません。

もちろん最初は4分音符をゆっくり目で取り、1つか2つずつ練習します。だんだん速くして、一日にする量も増やして、最終的には2分音符を1拍に数え、一日一回、全部を通せるようにします。一度目はスラー、繰り返して二度目はタンギングにするのも、けっこうお勧めっぽいかも。

数ヶ月もしたらできるようになります。所要時間は、繰り返しありで、スケール、アルペジオともに、「4分音符=80」で止まらずに吹けば6分半、少し休憩しながらでも、7〜8分もあればできるでしょう。「2分音符=80」なら3分半〜4分。繰り返しをしないで1回ずつ通すなら、それぞれその半分ですな。




060.gif 追加情報 中〜上級の日課練習には、こちらをお勧めいたします。 (2017年2月追記)

 28日間ウォームアップ  ポール・エドモンド=デイヴィス著

原本はThe 28 Day Warm Up Book」。ロンドン交響楽団首席奏者を20年務めたポール・エドモンド=デイヴィス氏が、自らの経験からまとめあげた日課練習曲集です。口コミでの評判が広がり、英語版は毎年のように増刷、2016年に出版された日本語版も、翌2017年には増刷となりました。











[PR]

by akirako-hime | 2010-10-31 19:25 | 練習のヒントになるかな〜