ジャンバラヤ!

やっと編曲ができました♪ フルート4本のためのジャンバラヤ! \(^O^)/

編曲と言っても、大学で履修した音楽理論や楽曲分析、チロッとだけ習いに行ったジャズ理論を頼りに、基本的にはパソコン上やピアノで音を鳴らして聴きながら、うん、大丈夫そうかな〜、という程度なんですけどね。

ジャンバラヤは、中学生のころかな、ラジオでカッコいいフルートのアドリブを聴いて、「いつか吹きたい!」と思った曲です。それを今回、そうだ!生徒さんたちのアンサンブル用に編曲してみよう!と思い立ったのでした。メンバーの生徒さんたちもOKと言ってくださいましたので... ♪

今回は、ポピュラーフルート教本と、カーペンターズの曲集を参考にしました。まずは譜面から拾った音を基本に置きます。ここに、メロディーとコードネームを頼りに、伴奏のリズムや和音を変えたり、対旋律を加えてみたり、3オクターブというフルートの狭い音域で何とかサマになるように工夫しました。

「あの人ならこの程度は吹けるだろう」とか、「これは無理かなー」とか、具体的にメンバーの腕前も考えますから、あまり自由には作れません。でもそれがまた楽しいのです。(^-^)v

知らなかったのですが、ジャンバラヤにはコードが2種類しかないんですね。Gメジャーの曲で、GとDしか使われていません。ツーコード、と言うそうです。そんなシンプルなコード進行なのに、こんなにご機嫌な曲ができるなんて!

もう一つ知らなかったのですが、ジャンバラヤってそもそも料理名なんですね。メキシコ風ピラフ。お米と野菜、肉などをごった煮風に炊き込んだお料理で、スペインのパエリヤの変形版とか。美味しそうです♪

ではでは、ご機嫌な曲をご機嫌に吹いていただけることを祈りつつ、皆さんに楽譜をお渡ししなくっちゃ♪
[PR]

by akirako-hime | 2009-04-29 15:01 | 練習のヒントになるかな〜