神戸国際フルートコンクール 補足

友人知人の演奏会を中心に主観的なご案内 ♪

ちょっと注釈♪ 課題曲に「選択」とあるのは、演奏者自身が選択するということです。コンクールに申し込むときに、何を演奏するか、用紙に書き込むことになっています。申し込み後の変更は認められていません。

神戸ではありませんが、たまに申告とは違う曲を演奏してしまう例があるそうです。どれほど演奏がすばらしくても、基本的には失格だそうですから、厳しいですね..。

出場者数はサイトによると59人。でも応募総数は232人ですから、すでにかなりの人数が予備選で涙をのんでいる訳です。応募資格は17歳から32歳。他の管楽器コンクールの年齢制限は30歳までが多いので、上方には少し枠が広めですが、神戸は最低年齢の制限も設けています。

演奏順はくじびきによって決められます。1次は前日に全員がくじを引き、2次以降は、予選通過者の発表に引き続いて、次の演奏順のくじ引きが行われます。

4月3日(金)7時からは、審査員による演奏会があります。審査員11人のうち9人が競演する豪華さです。また5日(日)2時からは表彰式と披露演奏会が行われ、入賞者の演奏を再び楽しむことができます。

私は今回も通訳&スタッフとして、お手伝いさせていただくことになりました。いろいろとドラマやハプニングもあるのですが、諸事つつがなく進行するよう、微力でもお役に立てればいいなぁと思っています。


[PR]

by akirako-hime | 2009-03-22 09:09 | 演奏会などのご案内